諦めではなく、そうと知ってどうアプローチするかが大事

占いを習ったり、占いが大好き!なタイプに多いのが、

自分は〇〇生まれで〇〇だからこれはできないんだよな〜

みたいな言い方をよく聞くけど、占い師として言わせてもらうと、

それを知ってからどうやりくりするか、まで考えないと意味ないよ!

ということだ。

安月給だから貯金ができない。
ではなく、安月給だからいらないものを徹底的に排除して貯金に回す、とかそんな具合。

極論すると、乙武さんみたいな生き方を目指すべきだ、ということになる。
それをしなきゃいけない、ではなく、あくまで目指すところ、とするのがミソ。
(しなきゃいけないと思うのは自分を拘束するだけで無益)

四肢がないから何にもできんわー

ではなく、四肢がないけど、こうしたらできるんじゃね?
と思うことだ。

そうして色々考えてトライしてみたら、実は結構なんでもできるもんだ。
四肢がない人が不倫するとか、逆転満塁ホームランだと思うよ実際。あっぱれの極み。

手がないから、違うアプローチでできるようにする。
足がないから足を使わずにできることだけをやる。

実際に四肢はあるからその気持ちになって考えれないけど、例えとして形があった方がわかりやすいので。

そりゃ苦労も伴うけどね。

毎回ダメ男に引っかかるから、恋愛に関しては信用できる友達の意見を全力で採用する。
自分の感性は挟まない。
心がざわついても挟まないためにはどうするべきか考えて挟まないようにする。

これがその人の恋愛の成功パターンであれば、それは素晴らしいこと。

ルフィが言ってたけど、俺は海図もかけないし狙撃もできない、船も作れないし料理も作れないけど、

お前に勝てる!

このフレーズに全て集約されてる。
素晴らしいよワンピース!

ちなみに尾田先生は元旦生まれで、365日で見ると独創性と想像力が最も高い日の生まれ。
だからと言うわけではないけど、なるほどなーと思うわけです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
四柱推命を使うカウンセラーの前田王子です。 ブログのアイデアなどを書いていたメモ帳が面白いそうなので、そのままアップしていきます。 ブログは王子の余所行きの顔として加工してますが、ここはほぼ無修正です。 恥ずかしくてあんまり見られたく無いので、一部有料です。ぜひ見てください。