映像提出_note

シルク・ドゥ・ソレイユのスカウトに聞いた!!契約獲得のためのビデオ作成のコツ(実際に提出した映像リンク付)

こんにちは!縄跳びパフォーマーの粕尾将一です。

2010年から2015年まで、縄跳びのアーティストとしてシルク・ドゥ・ソレイユ常設ショーの「La Nouba(ラヌーバ)」にソリストとして出演していました。世界各地で公演をしているシルク・ドゥ・ソレイユですが、縄跳びのソリストを入れた演目はラヌーバともう一つしかありませんでした。

ではどうやってシルク・ドゥ・ソレイユに出演することになったか。それは自身のプロモーションビデオを撮影してスカウトに送信したのがキッカケでした。

映像はとても大切な選考基準である

シルク・ドゥ・ソレイユでは世界中からパフォーマーやミュージシャンを集めています。年間を通じて定期的にオーディションも開催し、つねに新しい人材と才能を求めています。

しかし!!!

自分はオーディションなしで、いきなりショーへの出演が決まったんです。本来なら「書類審査→オーディション→契約」という流れが一般的。でもこれらを全てすっ飛ばして、いきなり契約をすることになったんです。

つまりオーディションや書類選考も必要ですが、それ以上に映像でアピールすることが大切なんです。場合によっては、自分のようにオーディション免除でショー契約を貰えるケースもあります。

どんな映像を送ればいいのか?

ではどんな映像を送信してアピールすればいいのでしょうか。残念ながら、キメキメの大会映像を送っても効果は薄いです。

これを考えるには、シルク・ドゥ・ソレイユがアーティストに求めているモノを理解し、映像の中に余すことなく取り入れる必要があります。


まず第一に、専門分野の基礎基本がしっかりできている事。これはどのジャンルでも同じです。たとえば体操なら男子で三回宙返り、女性で伸身二回宙返り。ジャンルごとに明確な技術の基準があるんです。最低限このレベルをクリアしていないと、選考対象にすらなりません。

たとえばこの映像は「縄跳び技術」をアピールするために作成しました。

この続きをみるには

この続き: 1,584文字

シルク・ドゥ・ソレイユのスカウトに聞いた!!契約獲得のためのビデオ作成のコツ(実際に提出した映像リンク付)

縄のまっちゃん(粕尾将一)

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
なわとびパフォーマーまっちゃん、こと粕尾将一。元アジアチャンピオンで、シルク・ドゥ・ソレイユ出演者、2016年から(一社)日本なわとびアカデミー代表理事