Kazunori Kawamura
UWBで何が起こるのか?

UWBで何が起こるのか?

Kazunori Kawamura

AppleがiPhone 11に突然搭載したために新しい技術と考えられても仕方のないUWBは2003年にアメリカで発表され、技術者の間で大きく騒がれたのに(こんなの上手く行きっこないも含まれる)Appleが近距離通信をBluetoothに絞り込んだことで檜舞台を派手に飾ることもなく2012年の段階でもうニッチと言われていた技術。現にAppleはBLEをiBeaconとして使い始め完全に引導を渡されたと考えられていた。技術的にはBluetoothよりも省電力性、通信容量とも桁違いに優れていることは当時から分かっていたが如何せんチップの小型化、低価格化で全く歯が立たなかった。それがU1と言う新しいチップの形でiPhone 11へのUWBの採用。一般人には全く知られていなかった技術が一躍檜舞台に登場となった。まさにUWBびとっては晴天の霹靂だったのだ。

今では使われていないことの方がおかしいUSBも規格が決まった当時はバスパワー給電が可能だったり抜き差しが自由だったりと当時のPCメーカーの常識では到底受け入れられないものだったがAppleがUSB以外の外部アクセスポートを載せないと言う大博打で打って出たiMacの大ヒットがあってこそだったことを知らない人も多いだろう。本来であればiPhone 11の発表で大々的にアナウンスされて良いはずのUWBの標準搭載。まるでAirDropを便利にするために搭載したようにしか触れていなかったが、今後一番重要になる技術をスルーしたのはまだ全てのコマが揃ったわけではなかったからと考えるべきだろう。

UWBに関してはDENSOはキーレスエントリー用、Samsungは家電のIoT基盤技術、SONYなどの多くの家電メーカーも実はどうにかして取り込もうと研究開発を続けているが大々的に発表していないということはまだ明確な使い道を見つけていないからだ。UWBには大きく二つのコンソーシアムが存在し、そのどちらにもSONYやSamsungなどのメーカーが参加している。Bluetoothよりも前からUWBの研究開発を続けているのにどちらのコンソーシアムにも参加していないAppleがUWB専用のU1チップをいきなりiPhone 11に載せてきたことで業界は慌てふためいているに違いない。AppleはUWBで何をしようとしているのか、今回は妄想も含めてその辺りを書いてみたいと思うのだ。

UWBで何が出来るのか
その1:AirDrop
別にたいしたことではないのだが今回の発表ではこれしか触れていない。例えばパーティーなどでiPhone 11ユーザーで個人情報を公開している場合にはiPhoneを向けた先の人が誰かを知るアプリなどを作ることができる。目の前にいる人とのデータ共有は同じアプリを使っているならメールやメッセージなどインターネットを経由するアプリを使わずに可能にある
その2:Find My
Apple製品であれば「探す(Find My)」で家の中のどこにあるかをバルーンで正確に教えてくれる。U1チップを搭載した分失防止タグが発売さればネットワーク接続機能を持たない様々な物の位置情報を知ることが可能になる。既にBluetoothを利用したタグは存在するがそのバッテリーの消費量が全く違うのですぐに電池切れになるようなことがない。
その3:HomeKit
AlexaやGoogle Assistantで家電をコントロースするにはインターネット必須だがUWBではインターネット接続なしにiPhoneなどを向けた先のデバイスがUWB対応であればその装置のコントロールに必要なアプリが自動で立ち上がり操作を促すことが可能になる。
その4:AirPlay
AirAirPlayが可能なテレビやスピーカーなどのデバイスならそちらにiPhoneやApple Watchをそちらに向けるだけでAirPlayがスタートさせるなどの可能性がある。受けて側のデバイスには強力なCPUやストレージがなくてもUWBだけでストリーミング再生が可能になる。
その4:CarPlay
自動車ドアのロック解除、エンジンの始動などがUWBで可能になる。そのセキュリティレベルはBluetoothやWi-Fiを利用したものよりも高くなりすましを防ぐ事が可能な上車を離れるだけで自動でロックをかけることも可能になる。

結論:世間は5Gだけに気を取られているがニッチに過ぎなかったUWBが今後、近距離通信のキーとなる可能性が高くなってきた。そんな事はないと言う意見もあるだろうがiMac発表以降ハードウェア仕様のデファクトを再定義し続けてきたAppleが動いたことを軽視してはいけないのだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!!
Kazunori Kawamura
Appleの信者です(笑)