新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

V.A.『MITOHOS:A GUIDE TO JAPANESE GALAPAGOSIZED MUSIC』 miu mau 「Tempo Rubato」

masami takashima

LAのレーベルDEAF TOUCHよりリリース、LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS(ルロウズ)が手掛けたコンピに V.A.『MITOHOS:A GUIDE TO JAPANESE GALAPAGOSIZED MUSIC』に、miu mauは新曲「Tempo Rubato」で参加させていただきました。
全曲素晴らしいです!!!!!

miu mauは今作の参加にあわせて作った新曲を、自宅やいつもの場所で各自が録音し、完全リモートで制作しました。先に届いたドラムに、ギターや各種の音を重ね、変容を繰り返しながら、辿り着いたまさに「未踏」の一曲となりました。17曲目に収録されています。
定石通りでは生まれなかった今(2020年)しか作れない音楽(音)になっていると思います。


タイトルの「Tempo Rubato」音楽用語ですが、イタリア語で「盗まれた時間」で訳されることも。各地の音楽の場所へ思いを込めます。


ミウマウの制作について、私、個人的なことでは全体を通して難易度が高かった。
みわこドラム & ひろみギターの音に合わせながら、私自身も色々と試すことができ、とてもとても勉強になりました!!


お声かけてくださったルロウズ、LAのレーベルDEAF TOUCH、
マスタリングエンジニアの永田さん、
制作にあたり力を貸してくれた友達と家族。 

ありがとうございました!! 

日本全国の未踏峰音楽たちをコンパイルした『MITOHOS』、 いよいよデジタルリリースいたします。 もともとコロナ禍での生存確認、 のモチベーションで始めたプロジェクトだったのが あれよという間に日本中の18組の素晴らしい才能たちの協力の元、 全曲新録、ほぼ新曲、2020年のトリを飾るに相応しい、 現在進行形の堂々たるコンピに仕上がりました。

ロサンゼルスの新進気鋭のレーベルDEAF TOUCHよりリリース。


V.A.『MITOHOS:A GUIDE TO JAPANESE GALAPAGOSIZED MUSIC』 (DT-003)
2020.12.25 RELEASE ON BANDCAMP

https://deaftouch.bandcamp.com/album/mitohos
フリーダウンロード (投げ銭歓迎)

1. ヘブン / LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS (東京)
2. 夢じゃない / Doit Science (熊本)
3. フィラメント / shiNmm (山口)
4. イエローヘイト / 左右 (横浜)
5. 雨止めたい / 花園Distance (東京)
6. Dislocation / ジャンプス (郡山/東京)
7. 宿酔 / タオル (浜松)
8. 行書 / トゥラリカ (名古屋)
9. Subterranean Homesick Requiem / suppa micro panchop (東京)
10. 夏の遊び / nessie (札幌)
11. You Entrust To The Puppet / NOISECONCRETE×3CHI5 (名古屋)
12. シーケンスが見る夢 / tepPohseen (福岡)
13. 狂想2020 / キツネの嫁入り (京都)
14. ステージ / ウサギバニーボーイ (広島)
15. 穴 / 喃語 (札幌)
16. Talk To Oneself / ANYO (大阪)
17. Tempo Rubato / miu mau (福岡)
18. HUNDREDS OF DOWNERS DAWN / GREEN MILK FROM THE PLANET ORANGE (東京)

Mastered by Kentaro Nagata (elect-low, Frasco)
Released by DEAF TOUCH