リバタリアン協会(LS)

記事は全て個人的な意見であり、統一的見解ではありません。リバタリアニズムについて発信し…

リバタリアン協会(LS)

記事は全て個人的な意見であり、統一的見解ではありません。リバタリアニズムについて発信してみませんか?記事を募集しています!

最近の記事

  • 固定された記事

リバタリアン協会発足について

みなさま、こんにちは。 日本リバタリアン党は、リバタリアン協会 Libertarian Society に組織を改変致しました。 この記事はその経緯と、団体の目的について紹介させていただきます。 組織改変について昨年、日本リバタリアン党の代表(A氏(仮))が一身上の都合により代表職を辞任し、解散を届け出た後に(後述)組織から脱退しました。 そこで、代表代行希望者を募ったところ、前川(この記事の筆者、大学院生)のみであったため、同氏が実質的に代表を代行する運びとなりまし

    • 米最高裁判所が「中絶の権利は憲法上の権利でない」と判決しそうな件について:中絶の権利を擁護する

      (文:中条やばみ) はじめに アメリカでは中絶の権利について、激しい対立が存在する。そんな中、アメリカの最高裁は、中絶の憲法上の権利について、判例を変更する可能歳が出てきた(参考、POLITICO「Supreme Court has voted to overturn abortion rights, draft opinion shows」)。この流出した判決草案がもし本物で、その結論が維持されると、今後アメリカでは、中絶をより厳しく規制することが可能になる。  

      • もしも知的財産制がなかったら:第1回 どのような世界になるか

        (文:中条やばみ) はじめに 本稿で私は、知的財産制度は廃止した方が良い、と主張したい。とはいえ、この主張はいかにも極論だと皆さんに思われるかもしれない。ただ皆さんが、ほんの少しでも知的財産制について考えるきっかけになれば、本稿の目的は達成である。  もっとも、論理的な議論においては、森村進氏の先例があるのでそちらを参照していただくことにしたい『知的財産権に関するリバタリアンの議論』。この論文では知的財産制の擁護論と廃止論の両方が取り上げられているし、純粋に面白いの

        • ロスバード的な減税戦略の理論 ー妥協なき自由への要求ー

          (文:中条やばみ) はじめに 以前注文していたマリー・ロスバードの『自由の倫理学』が家に届いたのだが,中でも「第五部 自由への戦略の理論」という見出しが興味深く,真っ先に読んでしまった.リバタリアン活動家として第一線で活躍した彼の戦略は,現代のリバタリアンにとっても有用だろうから紹介したい.もっとも,彼の議論は急進的ではあるので,主張の受け止め方は人それぞれだろう.    また,引用文中には「~べき」「~ならない」とあるが,究極的には個人の自由なので,ロス バードを根拠に

        • 固定された記事

        リバタリアン協会発足について

          リバタリアニズムは右翼か左翼か:右派左派とはそもそも何か考える

          (文:中条やばみ) はじめに そもそもの前提として「リバタリアンは右翼か左翼か」という問いはあまり意味がないのかもしれない(というより、ない)。なぜなら、個々人の考えは多種多様であるため、数直線上で表せないだろうから。  著名なリバタリアンである森村進氏も「伝統的な(とはいえ、フランス革命以降の)『左翼ー右翼』という政治思想の分類自体が不十分なものだということがわかる。」「左翼とも右翼とも違って、首尾一貫した立場であり、『左翼ー右翼』の線上のどこにも位置しないのであ

          リバタリアニズムは右翼か左翼か:右派左派とはそもそも何か考える

          ウクライナ事情:ウクライナのリバタリアンの手紙

          はじめにこの記事はウクライナのリバタリアンのStepan Sokolsky ステパン・ソコルスキーが執筆・翻訳したものを、前川が代理投稿したものです。もちろん、本人の承諾を得ています。 なお、サブタイトルの「ウクライナのリバタリアンの手紙」は「カトーの手紙」を模して、前川が付けました。 代理投稿にあたって、本人と協議した結果、いくつかの言葉を日本人に馴染みやすいものに変更していただきました。例えば、ドンバス→ドンバス(ドネツィク州とルハーンシク州)などです。 ステパンは今

          ウクライナ事情:ウクライナのリバタリアンの手紙

          リバタリアニズム解説シリーズ(3):右派リバタリアニズムの分類

          こんにちは。 今回は右派リバタリアニズム内の様々な立場の紹介をします。 はじめに今回は、(1)のような「右派リバタリアニズム、左派リバタリアニズム…」のような紹介方法ではなく、「●●氏による分類、XX氏による分類…」のような、研究者と研究者による分類を主軸に据えた紹介になります。 なぜそんなことをするのか? それは、論者や時代によって「リバタリアニズム」が包摂する主張が変化しているためです。概ね、その領域が拡張していると言えますので、その流れを知っていただければ幸いです。

          リバタリアニズム解説シリーズ(3):右派リバタリアニズムの分類

          リバタリアニズム解説シリーズ(2):リバタリアニズムとは?

          こんにちは。 前回は、リバタリアニズムには様々な立場があるということを示しました。そして、今回はリバタリアニズムが主張する内容そのものについて紹介します。 ただし、どちらかと言えば、右派リバタリアンにとってのリバタリアニズム観の紹介になります。 リバタリアニズムって何?リバタリアニズム研究者(哲学者)の Jason Brennan はリバタリアニズムについて、以下のように述べています。 リバタリアニズムとは、政治思想の一種である。リバタリアンは個人の自由の尊重が正義の中

          リバタリアニズム解説シリーズ(2):リバタリアニズムとは?

          リバタリアニズム解説シリーズ(1):社会主義、右派、左派

          みなさん、こんにちは。 今回からリバタリアニズムを解説・紹介するシリーズを始めたいと思います。 第1回は、リバタリアニズムには様々な(政治的)立場があることを紹介します。具体的には、リバタリアン社会主義、右派リバタリアニズム、左派リバタリアニズム、の3つです。 言い出しっぺ:ジョゼフ・デジャック各々の立場を紹介する前に、そもそも誰が”リバタリアン”なる言葉を提唱したのかについて、軽く触れておきます。 リバタリアニズムと言えば、自由主義、資本主義等の思想や立場に類するもの

          リバタリアニズム解説シリーズ(1):社会主義、右派、左派

          あなたはなぜリバタリアン? 第1回

          はじめに これから、不定期にリバタリアン党の党員にインタビューしていきます! 記念すべき第 1 回は、リバタリアン党で異彩を放つ「名誉⽇本⼈」さんです!彼は「保守主義者」を⾃認していますが、なぜそんな彼がリバタリアン党にいるのでしょうか?この記事を読むと分かるかも!? Q.リバタリアニズムにハマったきっかけは何ですか? 僕は保守主義者なんですけど、その関連としてハイエクについても学ぶようになって、彼から影響を得て、リバタリアニズムも⽀持するようになりました。 Q.ハイエ

          あなたはなぜリバタリアン? 第1回

          分類されるリバタリアニズム

          今回は、日本リバタリアン党の某サポート党員が書いた記事をみなさんに共有します! リバ党では、サポート党員がリバタリアニズムに関するnote記事を書き、それを党としてtwitterなどで広報するという取り組みをしています。ぜひ、面白いネタのある方を随時募集しています!リバタリアニズムに関係があれば、内容は自由です。リバ党のサポート党員になろう! はじめに 「リバタリアニズム」と一口に云っても、それには様々な種類が存在する。リバタリアニズムはある程度の基本的な理念や方針を同じ

          分類されるリバタリアニズム