見出し画像

日本のサッカーをしたくてもできない子どもたちの状況ついて:報告書(速報版)

love.fútbol Japan


「子どもサッカー新学期応援事業」に申請いただいた約100名の状況と声についてまとめた報告書(速報版)を公開しました。
報告書のダウンロードはこちら

love.fútbol Japan は、1 月 25 日に「子どもサッカー新学期応援事業」を開始しました。
この取組みは、経済的・社会的な理由により日本でサッカーをしたくてもできない子どもたちが、新学期を安心して迎えて、2021 年にサッカーを楽しみ続けられるよう応援するプログラムです。

1 ヶ月間の申請期間で、日本各地 27 都道府県より 100 件を超える申請をいただきました。 申請数は私たちの予想を大きく上回る数でしたが、さらに多くの潜在対象者がいることを考えると、日本で経済的・社会的理由によるサッカーの機会格差が存在していることの危機を認識するに至りました。

この報告書では、申請いただいた方々の状況についてまとめています。
その存在の見えづらさゆえに、これまで取り残されてきた「サッカーをしたくてもできない子どもたち」の状況を知り、活動を進める一助になると幸いです。
尚、本事業の支援提供は 3 月末にかけて実施します。

報告書のダウンロードはこちら

<内容>
・地域
・性別
・年齢層
・生活保護の受給状況
・世帯の就労者人数
・希望支援
・支援の用途先
・支援を申請する理由
・プロサッカー選手とのオンライン相談を申請する理由

申請状況に関する緊急報告__アートボード 1

スクリーンショット 2021-03-15 17.48.45


尚、本事業は love.fútbol Japan に寄せられる寄付を原資に実施しています。
しかし、現状の財源では、すべての申請者を支援することができない状況です。
今後ひとりでも多くの子ども・ご家庭を応援できるよう、ご支援宜しくお願い申し上げます。

▷サポーター申し込みはこちら



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
love.fútbol Japan
サッカーしたくてもできない子どもたちの環境を変えるため、日本・アジア・ブラジルで、コミュニティ型のサッカー・スポーツグラウンドづくりをしています。https://www.lovefutbol-japan.org/