見出し画像

御礼と報告:「子どもサッカー新学期応援事業」

love.fútbol Japan

「子どもサッカー新学期応援事業」の「事業報告書」を公開しました。

love.fútbol Japan では、1 月より「子どもサッカー新学期応援事業」を開始しました。

この取り組みは、日本で経済的・社会的な理由でサッカーをしたくても諦めている、続けたいけど困っている子どもたち(国籍問わず)が継続的にサッカーを楽しみ続けられるよう応援するプログラムです。
3 カ年計画の初年度となる今年は、奨励金の給付、社会とのつながりをつくるプロサッカー選手とのオンライン相談、用具の寄贈をおこないました。

個人サポーター、サッカー選手、企業などたくさんの方々のご支援のおかげで、日本全国 26 都道府県の 88 世帯 98 人の子ども・若者を支援し、サッカーのある新学期を届けることができました。ご支援をいただいた皆さまに心より御礼申し上げます。

この報告書では、事業の結果と、受益者の方々の声をまとめています。
みなさんのご支援がどのような方々に届き、喜んでいただいているかをお伝えすることができたらと思います。
子どもたちのサッカー愛と、サッカーができる喜びがぎゅっと詰まっています。

なお、課題と今後必要とする支援を「見える化」したまとめ、今後の提言等については5月中旬に公開する「アンケート調査報告書」にてお伝えいたします。

▷事業報告書
ダウンロードはこちら。

サマリー1 ver2

サマリー2

事業報告書_アートボード 1


ご支援のお願い


本事業は love.fútbol Japan に寄せられる寄付を原資に実施しています。
しかし、現状では今後申請されるすべての方を支援することができない状況です。
ひとりでも多くの子ども・ご家庭を応援できるよう、ご支援宜しくお願い申し上げます。

【支援の方法】
▷個人向け
サポーターの申し込み


▷サッカー選手、コミュニティ向け
1% FOOTBALL CLUBへの参画

▷企業向け
寄付またはパートナーシップ:「問い合わせ」よりご連絡ください。


私たちに沢山のことを与えてくれたサッカーを、子どもたちに届けたい。
サッカーを好きになった子どもたちの人生が豊かになるよう、これからもみなさんの力を貸していただけると幸いです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
love.fútbol Japan
サッカーしたくてもできない子どもたちの環境を変えるため、日本・アジア・ブラジルで、コミュニティ型のサッカー・スポーツグラウンドづくりをしています。https://www.lovefutbol-japan.org/