見出し画像

「子どもサッカー新学期応援事業」 進捗と御礼

love.fútbol Japan

1月末に募集を開始した「子どもサッカー新学期応援事業」は、3月末までに奨励金の提供、寄贈用具の発送が完了しましたことお知らせいたします。

嬉しいことに、御礼のメールをいただいていますので、いくつか紹介させていただきます。

***

「『誰かが応援してくれるんだ』、と思った。嬉しいです。無理だと思って考えていなかったけれど、サッカーのスパイクがずっと欲しかったからすごく嬉しいです。そういう大人もいるんだね」と息子が言っていました。ありがとうございます。
とても嬉しくて、わくわく、どきどきしています。早くサッカーを始めたいです。
本日、サッカー用具が届きました。
息子達がとても興奮して箱を開けていました。高校生の長男に関しては、あんなに嬉しそうにテンションの上がった姿を久しぶりに見ることが出来、本当にサッカーが好きなんだなと、改めて感じました。
幸せな時間もありがとうございました。
これから大切に使わせていただきます。
サッカー用品届きました。とても気に入ったようです。すごくよろこんでおります。春休み期間学童ですが、明日は、いただいたスパイクを履いて行く!!と張り切っております。本当に本当にありがとうございました。

この度の支援、驚きと同時にお気持ち改めて感謝いたします。子供が進学後もサッカーを続けるに当たり、費用の面などの不安材料が解消し、選手とのセッションなど楽しみを与えて頂いた事も、親子共々、本当に嬉しく思っております。今後も皆さんの善意に感謝しながら続けていけるよう、親としても本人に伝えていきたいと思います。
お陰様で、トレシューとスパイクを購入することができ、残りは高校でのユニフォーム購入に使わせていただきたいと思っております。
靴選びの際、「安いのだよね?」と聞く息子に「なるべく安い方がいいけど、まずは足に合うかどうかで選んでいいよ」と言ってあげることができ、感謝しきりです;;
(もちろん、今までも足に合うかが優先ではあったのですが、心から言うことができました)

***

今月には4月中旬〜末にかけて、社会との繋がりをつくるプロサッカー選手とのオンライセッションを、選手7名に協力いただき実施していきます。

まだ全事業が完了していませんが、今回の支援を通じて、総勢約100名の方々にサッカーのある新学期をお届けできそうです。これもひとえに、日頃からlove.fútbol Japanを応援・支援いただく方々のおかげです。寄付による物理的な支援ももちろんのこと、責任ある事業を実施していくにあたり精神的にも支えられていました。120人以上のサポーターをはじめ、サッカー選手たち、サッカーコミュニティ、企業が応援してくれていると思うことだけでも、随分と安心することができました。
本当にありがとうございます。

画像1

画像2

今後は、対象者のアンケートを通じて、課題や必要とされる支援内容、提言等をまとめた報告書を作成します。報告書は日本サッカー界と共有し、より多くの仲間を増やしながら、より良い活動に発展させていきたいと考えています。

本事業は love.fútbol Japan に寄せられる寄付を原資に実施しています。
しかし、今回の事業ではすべての申請者に希望する支援をお届けすることができませんでした。今後 ひとりでも多くの子ども・ご家庭を応援できるよう、ご支援宜しくお願い申し上げます。


【サポーター申し込み】
現在129人のサポーターに応援いただいています。
2021年末までに200人を目指しています。
https://peraichi.com/landing_pages/view/lovefutbol-japan-misanga


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
love.fútbol Japan
サッカーしたくてもできない子どもたちの環境を変えるため、日本・アジア・ブラジルで、コミュニティ型のサッカー・スポーツグラウンドづくりをしています。https://www.lovefutbol-japan.org/