スパイスカレーを自分で作ってみよう!
見出し画像

スパイスカレーを自分で作ってみよう!

lotusyasumi

西浦さんやYouTubeの影響で「カレーを自分で作ってみよう」と思いQUINTET終わりからあれこれ手探りで作り始めました。

私は、市販のカレールーで作ったカレーだと油が多く、食べて数分後から胸焼けが半端なく襲って来るので美味しく食べれるけど壮大な胸焼けリターンに困っていました。
そこで自分なりに考え「油分を材料からしか使わず作ってみよう」とはじめました。

結論から言うと玉ねぎをしっかり炒めてスパイスいっぱい入れて好きな具を入れればなんでも美味しいです(笑)
後は好みの問題で横着せずちゃんと手順通り作れば誰でも美味しいカレーが作れます。

私の場合

○まず油分を取るためにお肉系(手羽元、牛筋)を先に圧力鍋で煮込みます。

○圧力鍋を火にかけてる間に野菜を切りまくります。
※カレー作りの一番手間がかかる作業が野菜の仕込みです。
玉ねぎを筆頭にセロリ、ニンジン、ニンニクなどなど入れたい野菜をとにかく切りまくります。

○とにかく野菜を切りまくって、ひと段落したら一回お茶でも飲んでスマホ見ながら休憩して1時間ぐらい圧をかけたら圧力鍋の火を止めて蓋が開くのを待機します。

○蓋が開いたら油とスープ(出汁)が分離しているので上澄の油分だけすくってフライパンにinします。

○フライパンに油分が敷けたらクミンホールを好きなだけ入れて油分に香りをつけます。

○焦げないように軽く混ぜながらクミンホールを炒めて香りがしてきたら切りまくった野菜を全部入れて水分が無くなるまで炒め続けます。

※この作業がカレー作りの第二の手間!
量が多いほど時間がかかります。
塩を入れて、さらに炒めながら圧力鍋にある出汁を少しずつ差し水していくとやや早く炒まるとYouTubeで誰かが教えてくれました(笑)


○野菜の水分がほぼなくなりクタクタに炒まったらトマト&トマト缶、ニンニクみじん切り、生姜のすりおろし、バナナを投入。
再度炒め...?煮込み続けます。

○ある程度水気が飛んでペースト状になってきたらスパイスをぶちこみます。
SBの赤缶+GABANのカレー缶、ガラムマサラパウダーをビックリするぐらい入れて再度炒め続けます。

○ペースト状がさらに固まりまとまりだしたら圧力鍋の出汁でのばして火にかけてある程度混ざったらレモン汁をドバドバって言うぐらい入れてかき混ぜたら一晩寝かせます。

○一晩たってこのまま食べたら味が無いので非常に不味いですが、塩、ヨーグルトなどで味を整えて完成です。

※トッピングでパクチーをプチトマト、アーモンドを砕いたやつを乗っけて食べればアローイアローイです。
※味付けはご自由に


油分が少ないので胸焼けもしません。
さらにほぼ野菜なのでお通じもツルンツルンです。
デザートにラッシーで無く"R-1"を飲めばよりお腹に優しいかと思い自分は飲んでいます。

さあ皆さんも作ってみてはいかがでしょうか?


私は、西浦さんの真似で野菜炒める時にレーズンをみじん切りにして入れています。
レーズン単体は大っ嫌いで食べませんがカレーに入れると程よい甘味を感じ美味しいと思います。

もう一度、私は、レーズン単体大っ嫌いです(笑)


そう言えば塩田さんがジムの近くでカレー屋さんやってたな!
って思い出しただけです(笑)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Thank you!
lotusyasumi
八隅孝平 / Kohei Yasumi ロータス世田谷 / lotus setagaya