予想屋よっちゃん80歳 園田競馬「死ぬまでやるで」


競馬で儲ける 競馬 馬券購入必勝法https://note.mu/loots/m/m6b731637103b

・競馬 必勝法 絶対当たる馬券の買い方①

・地方競馬でコツコツと稼ぐ必勝法

・競馬 攻略 パドックの見方



最終コーナーへさしかかった馬群が、砂を巻き上げて駆け抜ける。「行け、させっ!」。観客の声援は大きくなり、ゴールの瞬間、歓声とため息が交じり合う。兵庫県尼崎市にある園田競馬場。その一角で予想屋歴62年の田中義彦さん(80)=同市=がしゃがれ声で叫ぶ。「はいこのレース、さも一番勝負!」。決めぜりふがスタンド裏に響き、レース目当ての客が集まってきた。(山脇未菜美)

 園田競馬場にはかつて45人の予想屋がいたが今は2人だけ。田中さんは、18歳から園田一筋の予想屋として生計を立て、4人の子を育て上げた。「3人が大卒で1人が料理人。孫は7人や」と誇らしげに笑う。

 愛称はよっちゃん。1936年、大阪市大正区生まれ。幼いころから足が不自由で、小学校は松葉づえで登校し、よく同級生にからかわれた。落ち込んだよっちゃんを外へ連れ出したのが、予想屋の父、豊さん。姫路などの競馬場を巡り、馬を一緒に見た。

 園田競馬場も父の仕事場の一つ。よっちゃんは他の予想屋とも親しくなり、18歳の時に依頼を受けた。「うちの予想、やってくれへんか」。戦争のため、小学3年までしか学校に通っていない。不自由な足で他の仕事ができるかどうか分からない。返事は即答だった。「やる」

 ベテランがいる中、よっちゃんが客の心をつかんだのは、地道な分析。1週間のレースが終わると、成績と競馬新聞を持って、自宅の勉強机へ。馬のタイムやクラス、騎手との相性、調教具合、天候…。数値化が難しい情報を元に、次のレースを予想する。

 「1着の馬でも、余裕なんか、苦しまぎれなんか。勝ち方で意味が違うねん。馬は生き物。今でも分からん」。全力で頭をひねる。

 情報料は1レース100円。勝ち馬を書いた紙片を客に販売する。予想通り当たった日はうれしいが、当たらない日はつらい。マークシートの裏に「金返せ」と書いて渡されたこともある。負けた日は客に申し訳なく、布団に入って2、3時間は寝られない。

 最盛期の1980年代、競馬場は盛り上がったが、現在の売り上げは当時の10分の1以下。よっちゃんも歳を重ね、52歳のときに脳梗塞、5年前には大腸がんを患った。少し歩くと息が上がるが、園田を支える人や常連の顔を思い出すと、働かずにはいられない。

 午前10時、競馬場が開門すると、よっちゃんの元に常連客が集まる。「今日も寒いなあ。ありがとう」。客に手渡すのは、休みの日に購入したキャラメルやまんじゅう。

 「お客さんは命の次に大事や。引退? 死ぬまでやるで」

 【予想屋】競馬の勝ち馬を予想し、その情報を売る人。日本中央競馬会(JRA)にはない地方競馬独特の存在。主催者から営業許可をもらっている。


引用:https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201703/0009967667.shtml


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
インターネットが世に広まり出したときにたまたまネット業界に。そこから不動産業界に22年。ひたすら不動産の集客を考え続け18年。不動産業を営みながらSEO、ネット集客を徹底的にやりこみ独自の集客理論を確立したつもりです。競馬は競馬記者から情報を横流ししてもらい儲けさせて頂いてます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。