マガジンのカバー画像

#ロゴススタジオ

作詞をしたい方、作詞家をめざす方のためのマガジンです。#ロゴススタジオ での作詞に関する記事、また #ロゴススタジオ で投稿された歌詞の中から、いくつかをとりあげて紹介していきま… もっと読む
¥1,000 / 月
運営しているクリエイター

記事一覧

作詞の教科書(仮) 2.2.1 「そもそもどうして曲先で音楽がつくられるのか」


  前述通り、歌詞つまりはテキスト単体ではその評価が難しいことにある。2.1.3で述べたよう…

作詞の教科書(仮) 1.2 「どうして(あなたは)作詞がしたいのか」

 おそらく、これを読む人のほとんどが「作詞をしたい」とおもっているように思う。あるいは、…

オンラインワークショップについて

いつも #ロゴススタジオ ワークショップにご参加いただきありがとうございます。 11月12月に…

本日10/28 オンライン #ロゴススタジオ の参加URL

ご参加される方は 以下のURLからお願いします。

作詞の教科書(仮) 2.1.3 「詩との違い」

 詞先で歌詞をかこうとしたときに、ひとつポイントになることがいわゆる詩(poetry, poem)と…

作詞の教科書(仮) 2.1.2 自分も作曲をしてみる

 作詞家の仕事は作詞をすることである。しかし、その詞には曲が必要だ。ここまで述べてきたよ…

9/30 作詞ワークショップ参加者募集

9/30 (水) 20:00-21:30 「作詞の教科書」をつくる 「作詞の教科書」の項目 「1.1 どうして(我々は)作詞をする必要があるのか」 https://yamamotosho.com/n/n2838aa4efed6?magazine_key=mbf9b8eae9590 を読んで議論し、より良いものに改訂していきます。 ご参加いただくには、#ロゴススタジオ 定期購読マガジンをご購入ください。学生は無料です。 チケット申し込みはこちらからも。 以下当日の参加

スキ
5

作詞の教科書(仮) 2.1.…

   さて、前述の通り現代のポップスの制作現場においてはほとんどが「曲先」でつくられてい…

作詞の教科書(仮) 2.0 (その前に)詞先か曲先か

具体的な作詞の話に入る前に、一点整理しておくべきことがある。第1章でも確認した通り、歌詞…

作詞の教科書(仮)1.1 どうして(我々は)作詞をする必要があるのか

以下は #ロゴススタジオ を経て制作中の「作詞の教科書(仮)」の草稿です。「作詞をするため…

7/27 #ロゴススタジオ オンライン作詞ワークショップ参加のみなさまへ

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

7/6 #ロゴススタジオ オンライン作詞ワークショップ参加予定の皆様へ

7/6 19:30-より 参加予定のみなさまは以下のURLからアクセスしてください。

7/6 オンライン作詞ワークショップについて

#ロゴススタジオ 作詞ワークショップを再開します。 #ロゴススタジオ では作詞をしたい方、作…

「ディスタンス・ダンス」楽曲募集

家にいる長い時間に、歌詞をかきました。 今、いろいろな時間の過ごし方があると思いますが、興味のある方はぜひ、この歌詞に曲をつけていただければと思います。 ロゴススタジオ参加中の方にはおなじみの話かもしれませんが、 「詞先」といって曲の前に歌詞をつくるというスタイルですが、 今回はまだこの歌詞には曲がありません。 そこで、だれでも自由参加でこの歌詞に曲をつけてください。 それらをどのような形で、自由に公開しても構いません。 (公開する際は、タイトル、ハッシュタグな

スキ
12