マガジンのカバー画像

#ロゴススタジオ まとめ

34
#ロゴススタジオ がついた記事や、その他作詞に関する内容の記事をまとめています。
運営しているクリエイター

記事一覧

作詞解説短期連載 第五回 SHE IS SUMMER「待ち合わせは君のいる神泉で」

SHE IS SUMMER「待ち合わせは君のいる神泉で」 作詞:ヤマモトショウ 作曲・編曲:ひろせひろせ  SHE IS SUMMERとの縁は深い。ふぇのたすとして僕と一緒にバンドをやっていたMICOのソロプロジェクトなのだから、それはまあ当たり前だろうという気もするが、デビュー曲である「とびきりのおしゃれして別れ話を」など、ところどころ一緒に作詞をしていたりこの数年の彼女のソロ活動をずっと見てきた。  ところで、この「待ち合わせは君のいる神泉で」という楽曲は、そのなかで生

スキ
29

作詞解説短期連載 第四回 寺嶋由芙「ぜんぜん」

寺嶋由芙「ぜんぜん」 作詞・作曲:ヤマモトショウ  編曲:rionos  世の中にある歌詞やタイトルの分析をするのが好きだ。作詞家なのだからまあ当たり前のことだと思うかもしれないのだけれど、例えば「タイトル」の単語や文章が歌詞の中でどの部分に出てくるのか、という点で曲を分類するのがなかなか面白い。  定番はやはり、サビの頭とか、サビのおわりだろうか。前回テーマにした拙作「メイクキュート」もサビの最初に「メイクキュート」と言っている。日本のシングル売上歴代トップ30あた

スキ
25

作詞解説短期連載 第三回 MINT mate box「メイクキュート」

MINT mate box「メイクキュート」 作詞・作曲・編曲:ヤマモトショウ  歌詞解説連載、三曲目はMINT mate boxの「メイクキュート」。MINT mate boxとの関わりは、僕がサウンドプロデューサということなのだが、プロデューサというのも実に色々な関わり方がある名称である。一言口だけ出してもプロデューサーだし、楽曲の作詞・作曲・アレンジや演奏などを行なっている場合もある。MINT mate boxの場合は、僕は考えうる限りのサウンドプロデューサ業のほとん

スキ
20

作詞解説短期連載 第二回 ふぇのたす「かわいいだけじゃダメみたい」

ふぇのたす「かわいいだけじゃダメみたい」 作詞・作曲・編曲:ヤマモトショウ  ふぇのたすのデビュー盤「2013ねん、なつ」に収録されている楽曲。当時、この楽曲はリード曲というわけではなかったが(僕自身はこの曲がリードでもいいのではないかと思っていた)、その後紆余曲折あって、解散した今ではYoutubeでの再生数や、コメント数がいまだに伸び続けている曲になっている。    つくった当時のことを少し振りかえってみる。今回はあくまで作詞の解説なのだが、この曲は作詞・作曲・編曲と

スキ
41

作詞解説短期連載 第一回 フィロソフィーのダンス「シスター」

フィロソフィーのダンス「シスター」 作詞:ヤマモトショウ 作曲・編曲:宮野弦士 (ちなみに「シスター」の歌詞はこちらのYoutube動画の本文でご覧頂けます)  フィロソフィーのダンスの現時点での最新曲「シスター」、これまでと同様に作詞は僕、作曲と編曲を宮野弦士という組み合わせで、これもフィロのスの曲ではもっともよくあることだが、宮野くんの仮歌入りのデモ(この時点では歌詞は入っていない)がまず僕のところに届いた。音色はともかく、アレンジの方向性もかなり見えていたデモだった

スキ
120

歌詞を書いたある日のこと

ちょっと遅くまで作業をしてしまったなという日は、帰り道の15分のためだけに、厚着をしてマフラーも巻いて、ということがすこし面倒臭い。詞をかくためだけだったら、別にどこに出かけなくてもいいのだけど、外に出て書く歌詞と家で書く歌詞はきっと違うだろう。人と会って話しているときに、僕の脳の一部は(それはまったく部分を意図的につかっているわけではないけれど)今度はこんなことをかいてみようかと思案しているようだ。  金曜日なので、オフィス街にあるスタジオの近くの店はどこも賑わっている。

スキ
17

1/24 トークイベントの質問と答え

1/24 #ロゴススタジオトークイベントにご来場いただきありがとうございました。 当日の質問の中から時間内に答えられなかったものの中からピックアップしてお答えします。 Q.歌詞をかいている途中で感じていることが変化してきたとき、元の考えとどちらを優先しますか? A.「感じていること」を歌詞にするだけではないので、変化したら変化したことそれ自体を書きます。でもほとんど変化しないです。こういうことを書こう、と決めて書き始めるまでが長いのでその変化がおきないようなテーマを選ん

スキ
6

12/20 #ロゴススタジオ トークイベント

12/20 #ロゴススタジオ 第二期最終回スペシャル ヤマモトショウ主催による作詞ワークショップ #ロゴススタジオ 第二期もついにラストの回を迎えました。そして、来年2020年から #ロゴススタジオ はさらにパワーアップして開催されます。毎回トークゲストとして現役で活躍する作詞家に参加いただき、テーマに応じた作詞についての話をヤマモトショウとともに行っていきます。 そこで、第二期ラストでは今期のまとめの回であるとともに、来年からのロゴススタジオの予告編、第0

スキ
3

11/21 #ロゴススタジオ 作詞ワークショップ

次回の #ロゴススタジオ ワークショップは11/21に開催します。 内容はみなさんに提出していただいた詞の講評です。 作詞課題についてはこちらの記事からどうぞ。 提出されない方でも、参加は可能です。 参加申し込みはこちらから https://peatix.com/event/1360485/view

スキ
4

「歌詞の意味がわからない」の意味がわからない人

最近は大抵の作品に対して誰でもコメントができるのだけど、プロデュースした作品に対して主に動画メディア上で最近こんな感想が多いという話があった。 その人たちは、 「歌詞の意味がわからない」 というのだ。 感覚的には、その感想をコメントした人はこの記事を読む可能性は低いとは思う。 しかしながら、なかなか面白いテーマであるように思うので少し考えてみたい。 0.「「歌詞の意味がわからない」の意味がわからない」の理由 「歌詞の意味がわからない」という感想を、歌詞をつくってい

スキ
251

2019上半期の僕たち私たち

2019年もはんぶん、ひらがなで書くととそんなに真ん中という気もしませんが、半分と漢字で書くといかにも折り返しまできたのだなという気がします。 半分だからということではないのですが、この半年くらいでやっていたことをまとめようと思います。そして、今年もみんなでいろいろつくっているので、複数形のタイトルです。 作詞全曲を作詞しているアイドルグループ、フィロソフィーのダンスの三枚目のアルバム『エクセルシオール』が4月に発売されました。たんに作詞家というよりはもうひとつのプロデュ

スキ
13

「良い作詞」とはどういうことか

良い歌詞を求められる。そういった仕事なのだから当たり前だが、しかし「良い歌詞ではない」というまた至極単純な理由でその歌詞が使われなかったり、そもそもそのアーティストが世に出なかったりする。 「良い作詞」なんて定義できない、と思うかもしれない。しかし誰かがそれを判断している以上、そこには基準がきっとある。「良い作詞をお願いします」といわれて、その無責任さに惑わされないためにも、ここでひとつ自分たちの定義をもっておきたい。 #ロゴススタジオ 6/19の作詞ワークショップのテー

スキ
69

6/19 作詞ワークショップ開催します。

こんにちは。 #ロゴススタジオ の作詞ワークショップ 第二シーズンを始めたいと思います。 今回からご参加いただけるととてもわかりやすいかと思います。 また、もちろんこれまで参加していただいたかたにとっても面白い内容になるかと思いますので、ぜひご参加いただければと思います。 基本的にはここから、月に一回開催します。 近いところでは、 1 あらためて「よい作詞」とは何か定義する 2 訳詞について考える 3 2019-2020に発売される曲のタイトルを予想する

スキ
3

フィロソフィーのダンスの参考文献(最終更新20190526)

フィロソフィーのダンスはその名前にフィロソフィー(哲学)と入っているとおり、明確に全曲が哲学をバックグラウンドにしている。これは、なんども色々なところでいっているように歌詞が哲学的に(いいかえるならば過度に思弁的に)書かれているわけではない。もう少し端的に「哲学」と称されるような一連の思想的な流れや、それに関連するテキストをベースにしているということだ。 ところで哲学もしくはそれを含む人文科学のマナーとして、参考文献をあげないというのはルール違反のようにも思える。もちろん、

スキ
16