見出し画像

「その旨みはどのウマみ?の話。」

どうも、リキッドです。
このあいだ、菌活ブームがキている。キテます。キテますッ!
ウィルスパワーですッ!!!
という話をしました。

最菌いろいろな菌を作っているのですが
なかでも、しょうゆ麹は美味しいのです。
ちなみに、僕の地元、香川県は丸亀市では方言で語尾に”きん”がつきます。
「食べよる菌」とか「行っきょる菌」など。
方言からも菌に所縁がある気がします。

そんな菌活男子がオススメする
しょうゆ麹の食べ方。これをお教えしたいんですね、今日は。

食べ方はいろいろあります。

しかし、そんななかでも
”別格”に旨い食べ方が

”納豆に混ぜる”なんです。

そもそも納豆も大豆と納豆菌を混ぜて発酵させた食べ物ですが

納豆菌と麹菌のコラボレーション。

これが、想像の3倍は旨いんですっ!

コラボして旨いものはたくさんあります。

焼きそばとソース。

たこ焼きとソース。

トンカツとソース。

しかし、納豆菌と麹菌のコラボは

”いかりや長介と仲本工事のコラボレーション”ぐらいマッチしています!

”こうじ”だけに。。。

「ねぇ〜あんちゃんさぁ〜」

食べ方は納豆にしょうゆ麹を乗せてよく混ぜる。
あとは温かいご飯に乗せてお好みで万能ネギを乗せる。これだけ。。。

もはや付属のタレは必要ありません!(体に悪いですしね〜)

納豆本来の旨さを300%引き出している。

そんな気がします。

僕も今までは付属のタレを入れて食べていました。
それもすごく美味しいんですが、その味に慣れてしまうと
その味だけが旨いんだ!納豆っていうのはこういう味なんだ!と決めつけてしまいますね。
実際、決めつけていました。

しかし、別の食べ方。
これ、すなわち

納豆に対する別の見方や感じ方ができれば
それまで自分が見ていた納豆とは全然違う物になります。

麹自体も昔からあり、現代のように化学調味料のない時代に
”天然の旨み”だったのだと思います。

生活の知恵ですね〜!

それが今、再度注目をされてきている。

つまりは、見る角度を変えたんですね。

何事も、決まった見方をするのではなく
見る角度を変えてみることで
新たな発見があるのかもしれません。

ところで、その旨みってどのウマみの事ですか?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

シェアしていただけると嬉しいです!
20
初めまして。香川県在住の36歳、2児の父親です。よろしくお願いします!

この記事が入っているマガジン

菌活のすすめ!
18菌です
菌活のすすめ! 18菌です
  • 13本

菌の活動を通して 感じた感じたことを書いていきます。 そういえば、私のふるさとは 方言で語尾に”きん”が付きます。

コメント (2)
note運営局のおすすめから来てもた。
うまそうな飯テロに会いました=3
トミーさん
返事が遅くなってすみません!
醤油こうじ、オススメです!
ありがとうございます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。