見出し画像

日本でオーディオブックやポッドキャストが流行らないワケがわかった気がした

米英ではオーディオブックがそのうちEブックと同じぐらいのシェアになりそうなくらい急成長しているって伝えると半信半疑なリアクションされる。iTunesのプログラムリスト見ればわかると思うんだけど、日本のポッドキャストってほんと貧困、何もないよね…とは思ってたさ。

しかも、オーディオブックを聞いてみることもしなくて「やっぱ紙で読む方が好き」とか断言してる人の多いこと。アタシなんて『ハリポタ』オーディオ版聞いたら読書人生、変わっちゃったよ? 聞きたいポッドキャストありすぎて、積ん読どころか、積んキャスト、時間なさすぎて時々泣く泣く消してるよ?

耳でも本を楽しめる、知識を得られるってことなんだけど?

なんでこんなに温度差があるんだろう? スマートスピーカーが普及しないのと同じ理由なんだろうか?

で、なんでかなー?って考えてみたんだけど、これがまた日本らしいと言うか、こういう文化のどこが美しいのかねぇ?ってな事案になってきたので、書いてスッキリしたい。

日本にしばらくいて感じるのが、日常的(恒常的)にけっこううるさい音声が流れてても気にならない鈍感さ。といってもわからないだろうから具体的に思いついたところでいうと、屋内飼いの犬猫の様子をユーチューブに上げているのを見ると、日本の家だとたいてい後ろに(誰もみてないと思しき)テレビが点いている音が入っているとか、野球を見に行くと今試合で起こっていることとは関係なくメリハリ無くずーっと音を出して応援しているとか、誰も周りで聞いていないのにずっと駅前の広場で演説している市議会の候補者とか、バラエティー番組でどう考えても面白くないジョークでも客が反応しているような音を流すとか、電車に乗っているだけなのに、次の駅とか降りる準備しろとかどっちのドアが開くとか車内のマナーはこうだとかずっと流れているアナウンスとか、誰も歌詞なんてわかんないだろうに2ヶ月間ずっとお店で流れ続ける英語のクリスマスソングとか…

とにかく、ダラダラとしたノイズとしての音声に鈍感すぎる。 

こういうの、耳障りじゃないの? 

だから君たち、人がスピーチしている場でも平気で寝ちゃえるんだね。授業とか、結婚式とか、朝礼とか。

クリスマスソングに関しては、自分がどうしても英語の歌詞までわかっちゃうもんだから、いちいち反応して「お前んち、母ちゃんがサンタみたいなジジイと浮気してるの目撃して楽しいんか?」とか、「いくら外が寒いからってセクハラとしか思えないやりとりをデュエットで歌って嬉しいんか?」(←実際にこういう場面を想像するしかない歌詞のクリスマスソングがある)ってイラつくのは私だけかい!と思ってたけど、日本語でも同じ。

人が何か話している声が聞こえたら、その内容って耳に入ってくるよね? そして思考がそれに反応するよね? しないの? 

で、わかったんだけど。スルーできてるらしい。

だったらそりゃ、オーディオブックなんて聞いても頭に入ってこないよね。ポッドキャストで知らなかったことがわかる楽しさがわかんないよね。聞き流すだけで英語なんて上達しないよね? ほんとうに聞き流しちゃうんだからさ。

たまに呼ばれてアメリカの出版の話、しにいくけどさ。カネもらって情報提供するからには、こっちもなるべくたくさんのことを知ってもらおうと早口になったりもするけどさ、時間足りなくなっちゃって後半とばしたりするけどさ、大勢だとたまに寝てるオヤジがいるんだよ。だったら来んなよ!って思うんだけど、これって私の声は聞こえてるけど、内容が頭に入ってないってことだよね。

スピーチに関する限りでいうと、日本の文化はぶっちゃけ貧しいってことじゃないんかね? 伝える、つまりストーリーテリングとしてかなり有効な手段なんだけどな、耳から聞こえてくる声って。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

170
最近は東京ベースの文芸エージェント。日本の著作品を欧米マーケットに売り込むべく孤軍奮闘中。Hon.jpにて海外の出版ニュースやコラムを提供中。ツイッター垢は@lyngualiinaで密かに復活。

この記事が入っているマガジン

コメント11件

ども、はじめまして。

海外、殊に米国でオーディオブックが定着している話は私も15年くらい前から承知してまして、実はマーケティングコンサルタントの神田昌典氏も「成功したければオーディオブックを聴け」とまで断言しておられます。
その神田先生がおっしゃるには、米国で普及した要因の一つは「圧倒的な車社会だから」ではないかと。長時間の運転中は他に何もすることがないので、カーラジオを聞き流す暇があるならビジネス書の音声版を聴いて学習しようというコンセプトですな。

かたや現代の日本では、学習や学業はしばしば「勉強」と称されます。自発的に“学びて習う”のではなく、何らかの強制力で“勉めて強いる”ため、大多数の人々にとって学びとは(仕事についても)「苦痛を伴うもの」という認識が醸成されるのです。ひどい場合は座学や読書に拒絶反応を示したり、論拠(エビデンス)とか知識層自体を軽んじたりします。〔続→〕
〔続→〕それでいながら日本の社会、とりわけ産業界は戦後の高度成長期以降、スーパーマンのような人材を欲してきました。「何でもできて当たり前、できない奴は落ちこぼれ」の世界観に長らく支配されており、今や各界のエリート層ですら強い重圧や軋轢や劣等感に日々悩まされています。これが平社員やアルバイト、そして各家庭や学校全体となれば、その塗炭の苦しみは推して知るべしでしょう。
誰もが薄給で長時間こき使われ、心身をすり減らし、夢や希望だけでなくお金も自信も失いつつあります。
故に、通勤時間中や帰宅後やたまの休みくらいは何も考えたくない。一億層「現実逃避」時代の到来です。電車などバスの車内では好きな音楽で耳を満たし、自宅ではテレビ番組を垂れ流し、キャリアアップにもリーダーシップにもマネジメントにも興味なし。特に若年層や低所得層ほどその傾向は顕著と考えられます。〔続→〕
〔続→〕
そんなわけで、実は日本でもオーディオブックやウェビナー(オンラインセミナー)は存在するものの、学習や成功への意欲が高い一部の人々以外には興味を持たれないのが現状です。ビジネスや自己啓発だとフォレスト出版やダイレクト出版、きこ書房が有名どころでしょうか。大手出版社でも自社刊行物のオーディオ版を販売しているので、やはり周知が足りないか、単に人々が知的怠惰か困苦窮乏なだけかもしれませんが。
彼らもいま飲み食いやギャンブルやガチャに浪費しているお金をほんのちょっと自己投資に回すだけで、人生が変わるかもしれないのにねぇ。😔
ところで都市部の街頭における喧騒ですが、確かに感覚過敏でもない限り、しばらく暮らすと慣れてくる(というか麻痺する)というのはあります。これについては看板やサインと同様、「訴求する=とにかく目立つ」と勘違いした広告業者どものせいとしか言いようがないですな。ただ、これが「オーディオブックが売れない」要因とはいえないでしょう。
どちらかというと日本の出版業界が書店や取次問屋を巻き込んだ護送船団方式であることに加え、未だに“紙頼み”であまり本腰を入れてくれないからではないかと。漫画でも海外ではインディーズのネットコミックや電子本が売れているのに対し、日本では大手への持ち込みや漫画賞がデビューの登龍門として根強いです。
要は世界的にビジネスモデルが変わったのに、日本だけが乗り遅れている。その影響で、アーリーアダプター以下の一般消費者には存在自体が認知されていない。知っていても面倒くさい。もしくは単に「筆者が女性なので叩きたい」だけのストレスフルなブコメ野郎ばかり集まっている。
――所見としてはこんな感じでしょうか。😔
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。