見出し画像

季節感のあるLINEスタンプでキャンペーン参加はどうですか?

日本人は季節感を大切にすると言われています。

それは、LINEスタンプの世界でも同じ傾向があるように感じます。
春夏秋冬それぞれの季節を感じるテーマのスタンプがあると、
その季節に合わせて活用したくてウズウズしたりしませんか?

春なら、卒入学がテーマとなったもの、桜やチューリップなどの春の花たち、歓送迎会関連など。


夏は、梅雨どきをイメージするもの、夏真っ盛りの海や山、夏ならではの冷たい食べ物や
マリンスポーツなど。

秋だと、紅葉やお月見、美味しい秋の味覚たち、春にもあるけれど、運動会や文化祭、ハロウィンなど。

冬は、クリスマス、年末年始のご挨拶をはじめとするお正月、ほっこりあったか食べ物やグッズ、雪や氷、ウィンタースポーツなど。

挙げていくときりがありません。

好きなキャラクターのスタンプが季節や行事ごとに展開されていたら、集めて使いたくなってしまいますよね。

オリジナルのLINEスタンプを作るのならば、季節感や行事を取り入れてみるのはいかがでしょう。


一度にたくさんの種類のスタンプを作るのは大変ですが、それぞれの季節・行事に合わせて作っていけば良いのではないでしょうか。
とはいっても、そのシーズンが来てからスタンプを作っているのでは間に合いませんね。


ファッションショーのように、季節先取りで制作を進めていきたいところです。


例えば、新年の挨拶にLINEスタンプを使おうと探すのは、いざ新年の挨拶を!というタイミングではなく、前もってどんなものを使おうかと吟味して探す方が多いと思われます。


それを考えるとシーズンが始まる少し前にはリリースできるのが理想と言えるのでは?と感じます。


LINE Creators Marketでも、季節やテーマで特集を組んでいます。
最近だと「冬スタンプ」や「年末年始キャンペーン」といったところでしょうか。


こういった特集やキャンペーンに参加すると特集・特設ページに掲載されるだけでなく、LINEスタンプ関連のSNSアカウントからの告知にも掲載される可能性が!


クリエイターも参加できるので、たくさんの人に自分のスタンプを知ってもらいたい場合には、これらの特集やキャンペーンなどに参加してみましょう。

ちなみに、「冬スタンプ」の特集実施期間は2018年12月11日~25日で、審査受付期間が2018年10月15日~11月11日でした。

参加状況により、審査受付の終了を早める場合もあるとのことなので、受付が開始されたらすぐに応募できるように準備したいですね。

こういったものに参加したくてアイデアはあるけれど、制作時間が足りない!ということもあるかと思います。そんな時は、思い切ってスタンプ制作をプロに依頼することを検討してみてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
株式会社M41 代表取締役社長。キャラクターライセンス事業 LINEスタンプ制作 コンサルティングを担当しております。経営/企画/戦略/マーケティング/地方創生/音楽鑑賞/ゴルフ/テニス好き。