見出し画像

#Skyrim ソリチュード(2)吟遊詩人の大学

ルシェル(ship2)

住居、プラウドスパイヤー邸の隣には、吟遊詩人の大学がある。町の酒場とかで歌っている詩人のほとんどは、どうやらここ出身の人が多いようだ。

導入部、またSS撮り忘れた…💦

入学志願のつもりはなかったけど、お隣さんだし、何か長い間お祭りがやれなくて困ってる様子…
学長のヴィアルモの依頼で、オラフ王の詩歌の残存部分を探しに行くことに。
中止されてたのは「オラフ王の焚刑祭」。隻眼のオラフは英雄であったけど、彼は実は処罰されるべき大罪人であり、それを首長に証明することで、焚刑祭を執り行う正当性を主張しようってわけね…。

詩歌自体を見つけるのは難しくなく、縁ある霊魂が案内してくれる。スヴァクニールと言う人が作者みたいだけど…

詩歌まではスヴァクニールの霊魂が案内してくれる。けど…詩歌まで行っても霊魂は消えてくれず、奥へ奥へと案内していく。

ついにオラフ王の眠る墓まで。コレは決戦の予感…!
眠りから覚めた隻眼のオラフ!

アレ、こんなストーリーだったっけ…??💦
聞いてない!!💦(笑)
さすがかつての英雄、ちょっと早かったかな?と思うくらい苦戦した!

現行ドラゴンボーン、激戦を制す!

アイリ召喚すればもっと楽だったかもだけど、それはホントにやばい時まで取っとこう…💦
オラフ王を倒し、出口までスヴァクニールの霊魂は案内してくれた。霊魂なってもなんてイケメンなのかしら…(笑)

オラフが奸計を用いて周りを欺いていたことを詩歌にして、エリシフに披露するヴィアルモ学長。

持ち帰った詩歌は不完全なものだったので、所々直して首長に披露。無事正当性が認められ、焚刑祭が開かれることに。

人形を王に見立てて焼くわけね。

久しぶりの祭りに学校関係者も、学生も市民も喜んでる様子。大学への入学も認められ、これから他にもクエストが発生するけど、それはまた後日やりましょうか。

このクエスト好きなのは、お菓子食べ放題なんだよね(๑'ڡ'๑)୨♡
1番左にスイートロールがいっぱいあったのに、既に取ってしまったという(笑)

ナターシャ「こんな時間に、そんなにお菓子食べていいの…?」

きっと別腹!!✨

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ルシェル(ship2)
ゲーム好きのプレイ日記📖☡✍ ほか、好きなことをこまごまと。