見出し画像

髪結い妄想

雨になりそうな日は湿気が多くて
髪のブローがなかなかうまくいかない。
くせっ毛の私には、なかなか厄介な天気だ。

「よし、決まったかな」
丁度ドライヤーを置こうとしたところに
キミが部屋へ入ってきた。

「髪、うまくできたね。
 でもここ、ちょっとハネてるよ」

となりにきて
細い指先で私の前髪を整える。

近くで見るキミの顔には
鼻の横に小さなホクロ。
あまり多くを語らない唇は
可愛らしく収まっている。

ついつい触ってみたくなり
ほっぺをツンと突いてみた。

「お母さん、やめて」
指を払うキミ。

・・・はい、ごめんなさい。
この男の子は、美容好きな19才の息子のことでした。
若い男の子と暮らすマダムの話とか書きたかったのだけど
実の息子からは妄想は広がらないようです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

pay forwardで行動していきます、ありがとうございます☆

わぉ、さんきゅう♡
1
作家。ことのは出版・代表。アマゾンキンドルの電子書籍出版に携わっています。世界中に散らばっている宝石を本にして、みんなに届けるのが夢です。自分の本も好き勝手に4冊出版中。海の街で暮らし、時々東京へ出かけます。http://lalacream.com

こちらでもピックアップされています

短編小説とか妄想小説
短編小説とか妄想小説
  • 14本

突然浮かぶ妄想の世界をとらえて文字にしています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。