見出し画像

自然系リゾートの特徴を種類ごとに分類してみました

「リゾート」というとビーチリゾートのイメージを持たれがちですが、他にも自然を生かしたリゾートはたくさんあります。

気候や立地によって楽しみ方もさまざま。どんな時間を過ごしたいかによってリゾートの選び方も変わってくるでしょう。

世界のレイクリゾートの事例を調べているなかで、「湖」にはビーチともマウンテンとも違う独自の魅力があることに気づきました。他の自然系リゾートと一緒に見てみることで、湖ならではの特徴が見えてくるかもしれません。

この記事では、自然の近くにあるリゾートを「自然系リゾート」とし、分類・比較しながら多様な楽しみ方を紹介していきます。あなたにあったリゾートを探してみてください!

自然系リゾートとは?

ここでは「自然に囲まれているエリア」で、かつ「自然資源を生かしたエリア」を、自然系リゾートと呼ぶことにします。

海派と山派どっち?という質問のように、自然系リゾートは、海のように水がある環境と山のような緑がある環境の2つに大別できます。しかしその中間にも、湖や川のように、両方のいいところをあわせ持つ自然環境もあります。

3_1自然系リゾート分類

簡単に図にしてみました。標高で分類すると、各エリアの特徴を捉えることができそうです!

標高が高ければ森や山など緑中心の環境に、低ければ水辺のある環境になります。しかし、川や湖は標高の高いところや森の中やに川や湖があるエリアもあり、緑と水の両方がある自然環境もありそうです。

なじみのある海や山のリゾートから、中間にあるあまり聞き慣れないリゾートまで、それぞれの自然系リゾートを詳しく見ていきます!

海 - ビーチリゾート

3_1海①

まずは定番リゾートの海。

あたたかい季節に開放的な気分になるなら、ビーチリゾートが一番ですね!ダイビングやシュノーケリングなど、マリンスポーツが充実しているのも魅力です。

3_1海②

新鮮なシーフードやフルーツも楽しむことができます!マンゴーやパイナップルといった熱帯性の果物を自然たっぷりの環境で味わうのは、ビーチリゾートならではの体験ですね。海外なら、日本では食べられないフルーツにも出会えるかもしれません。

山 - マウンテンリゾート

画像4

続いて紹介するのは山、マウンテンリゾートです。山の近くで自然を感じてのんびりしたり、ハイキングやトレッキングなどのアクティビティを楽しんだりもできます。

画像5

ビーチなどと比べると少し落ち着いた雰囲気のエリアもあり、国内では温泉地に近いところも多くあります。高級感のあるおしゃれな宿でゆっくり癒やされるスタイルは、親子3世代旅行などにもぴったりですね。

軽く森林浴に出かけたり、夜には星空を眺めたり、旬の山菜や採れたての地元野菜を頂いたり。自然の恵みをたっぷりと味わうことができます。

雪山 - スノーリゾート

画像6

マウンテンリゾートのなかでも、雪が多く降るエリアの冬山は、ウィンタースポーツが楽しめる「スノーリゾート」に分類できます。

3-1_スノートレッキング

スキーやスノーボードなどをアクティブに楽しめるのがスノーリゾートの魅力ですが、最近ではスノーモービルやスノーチュービングなど、幅広い世代で楽しめるアクティビティも増えています。

かんじきを履いて静かな雪のなかを散歩するスノートレッキングなど、ゆったりとした楽しみ方もできますね。

3-1_雪山の温泉

また、雪景色を見ながら浸かる温泉は格別です。カモシカやスノーモンキーなど、雪山ならではの動物たちにも出会えるかも?

川 - リバーサイドリゾート?

「川のリゾート」というとあまり聞きなじみがありませんでしたが、海とも山とも違う魅力が、川沿いにはありました。

海外では「リバーリゾート」「リバーサイドリゾート」などと呼ばれ、ひとつのリゾートのジャンルにもなっているようです。川沿いに立ち並ぶホテルに泊まり、贅沢なひとときを過ごすことができます。

日本にも景色のよい渓谷がありました。こちらの写真は宮崎県の高千穂峡。

3_1川

ボートで滝つぼの近くまで行けば、水しぶきを浴びながら自然のパワーを感じることができそうです。

川や滝の音が聞こえて耳からもリラックス効果がありそうですね。水の動きがある景色なので、眺めていても飽きることがないかも……?

湖 - レイクリゾート

最後に紹介するのが、白樺湖が目指しているリゾートでもある「レイクリゾート」です。

湖は成り立ちや規模によってさまざまな特徴のエリアがありますが、今回は標高が比較的高く、山に近い湖である長野県の白樺湖を例に見てみます。

3_1湖

湖では、釣りやボートといったアクティビティが人気。その場で魚を食べられるのも醍醐味ですね。

3-1_湖でボート

海と違って波がないことや、周囲が山に囲まれて開放的なことから、他の「自然系リゾート」とは違った楽しみ方ができるのもレイクリゾートならではの魅力です。

湖一周を目指して歩いたり、自転車に乗ったりできるのも湖ならではの体験ですね。

自然系リゾートの分析とまとめ

「海・山・雪山・川・湖」の5つの自然系リゾートに分けてまとめてみました。実はこの分類は、Instagramで調べたときに #beachresort #mountainresort などのハッシュタグで、それぞれ違うイメージが見えてきたことから調べ始めたものです。

最近では #lakeresort の投稿数も増え、新しいリゾートとして定着しつつあるようです。

それぞれの自然系リゾートの共通点は、

・自然の中でゆったりとした時間を過ごせる
・人混みや都会の喧騒から離れて過ごせる
・地域ならではの新鮮な食も楽しめる
・アクティビティが豊富で体を動かせる

だと思いました。自然に包まれた空間で、ゆっくりと癒やされることもアクティブに身体を動かすこともできます。どちらにしても、日常とは違った時間を送るには適した環境といえそうです。

どのエリアを選んでも楽しみ方はさまざまですが、普段行かないような自然系リゾートを選んで見ることで、新しい発見があるかもしれません。季節が違えば180°違った楽しみ方ができるのも、自然系リゾートの魅力です。

誰とどんな時間を過ごしたいかによっても、おすすめのリゾートは変わってきそうです。自分だけの行きつけリゾートを開拓するのも良さそうですね。

白樺湖では「レイクリゾート」という新たなコンセプトのもと、自然の中で過ごす時間をご提供できるよう準備を進めています。どうぞお楽しみに!

* * *

白樺湖レイクリゾートプロジェクト「レイクタイム / 湖畔時間」、各種SNSもフォローよろしくお願いします!

Webサイト http://shirakaba-lake.com/
Instagram:@laketimejp
Twitter:@laketimejp
3
長野県白樺湖から新しいリゾートのスタイルを発信する「白樺湖レイクリゾートプロジェクト」が2020年夏にスタートしました。湖畔での過ごし方や白樺湖周辺の様子などを、プロジェクトメンバー目線でお届けしていきます。https://shirakaba-lake.com/

こちらでもピックアップされています

世界のレイクリゾート研究室
世界のレイクリゾート研究室
  • 3本

湖のまわりの「レイクリゾート」とは?海外の事例や調査結果を、プロジェクトチームのメンバー目線で発表していきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。