見出し画像

2020カタールテストまとめ[ 2020年2月29日 発行 Vol. 267 ]

コンテンツ目次

【イタたわGPまくら話】
●ペドロサは本当にワイルドカード参戦しないのか?

【2020カタールテストまとめ】
●ヤマハ
・ロッシ、かつての強みが出せない
・ロッシと若手3選手は何が違うのか?
・ロッシの真の足かせとは何か?
・ヴィニャーレス、精神的に大きく前進

●スズキ
・スズキ技術陣の功績をもっと評価すべき

●ドゥカティ
・ホールショットデバイス応用版
・ホールショットデバイス、ライダーによっては邪魔になるかも?
・奇抜なマテリアルだけでなく、従来の開発も進めるべき

ホンダ
・2019年版カウルでタイトル獲得を目指す
・問題は本当に解決したのか?

アプリリア
・あと足りないのは時間とイアンノーネ…

KTM
・ペドロサ貢献でステップアップ

イタたわGPまくら話

皆さん、こんにちは!
イタリアで初めて入院患者のお見舞いに行ってきた管理人のラ・キリコです。

実は、知人が数週間前に郊外の病院に入院したんですが、つい先日、近所の病院へ転院してきたんですよ。
で、早速、お見舞いに行ったところ…

食事の量が少なくなったって、喜んでました。

イタリアの病院食って、昼食/夕食ともにちゃんとプリモ(パスタ、リゾット、スープ等)セコンド(肉、魚)付け合せの野菜、そして、果物が出るようなんですが…
以前の病院は1皿の量もけっこう多く…
頑張って完食するようにしてたら、最後は胃の調子が悪くなってしまったんだとか。

で、転院してみたら食事の量が少なめで(普通で)、
「おかげできちんとお腹も減るから、食事が美味しくなった」って喜んでました。

ちなみに、その、以前の病院の『量の多い食事』と言うのがこちら。

画像1

見ての通り、小ぶりのパンも2つ付いて、健常者でも多いぐらいの量なんですよねぇ。

特にこの日は、プリモに『ニョッキ』を、付け合せ野菜には『じゃがいものオーブン焼き』を選んでしまったため、驚異の芋地獄になってしまい…
しかも、セコンドは『七面鳥の胸肉ソテー』だったため、全体的に喉に詰まる感じのメニューになってるんですよ。


おっと、『モトGPこぼれ話』でしたね、はい、はい!
今回は、絶好調ペドロサテストライダーについて、ちょっと。
まぁ、どうぞ、どうぞ。

ペドロサは本当にワイルドカード参戦しないのか?

2月初めのセパンテストでは、アプリリア機と並んで、同テストにおけるサプライズと言われているダニ・ペドロサ元選手(KTMテストライダー)!

画像2

なんたって、テスト2日目に3位タイム(+0.090)を出してましたからねぇ!!

で、こうなると、やっぱり、ワイルドカード参戦してくれないかなぁ~なんて気持ちになるわけで…
ほら、同じテストライダーのホルヘ・ロレンソ元選手には、早速、具体的な話が出てますからね。
(ブログ関連記事:ロレンソ『トップ5に入れそうならワイルドカード参戦する』

実際、セパンテスト終了後、KTMサイドがまたペドロサ本人にオファーを出してみたそうなんですよ。

しかし、ペドロサテストライダーの決意は固かった…
こんな感じ。
「出ませんよ。今のところ、マシンの作業がけっこうありますしね。
まず、ファーストライダーであるポル(エスパルガロ)が乗りやすいと感じ、去年よりリザルトと感触を一歩前進させることを優先させないと。
あと、他のKTMライダーがモトGPクラスに上手く適応できるかどうか、今後、彼らがチームの助けになるかどうか…様子を見ないとね。
僕は好きなことに集中していきますよ…マシンがどんな風になっているのかとか、KTMのテストライダー業の方にね
貢献できて本当に喜んでるんです。雰囲気も良いし、嬉しいですよ。
プロレーサーに比べるとテストライダーって言うのは、生活のリズムが違うんですよね。
僕としては、選手の皆さんが僕の仕事に満足してくれるかどうかの方が気になるんですよ。

あっ、もちろん、テストライダーとしても高く評価されてますよ!

マイク・レイトナー氏(KTMチームマネージャー、ペドロサ現役時代にはホンダで11年間組んでいた)も、
この作業に対するペドロサの尽力には、本当に目を見張るものがありますね」と言ってましたから。

ちなみに、ペドロサテストライダーのこの3位タイムって、ミシュランの新リアタイヤで…例のホンダ&ドゥカティが苦戦している新タイヤで出してるんです。
しかも、セパンと言うのはKTMにとっては決して得意トラックではないわけだから、2重に好結果なんですよ。

う~ん…
KTM機が上手く仕上がったあかつきには、1回ぐらい参戦してくれないでしょうかねぇ。

おっと、そろそろ『カタールテストまとめ』を始めなきゃ!

なぜヤマハはロッシ選手だけが不調なのか?とか…
ドゥカティのホールショットデバイス応用版についてとか…
ホンダは本当に問題を解決したのか?とか…

とにかく、どうぞどうぞ。

この続きをみるには

この続き: 12,150文字 / 画像14枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

『風聞〜イタたわGP』&『ITATWAGP』の有料記事を月刊で販売しています。 【2020年2月号】は3巻で290円(税別)です!

または、記事単体で購入する

2020カタールテストまとめ[ 2020年2月29日 発行 Vol. 267 ]

風聞〜イタたわGP(ウェブ版)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
風聞〜イタたわGP(ウェブ版)

頂いたサポートは、新たな健康食品を購入する費用にさせていただきます。これで、また頑張りますね!

また頑張りますネ❤
モトGPブログ『イタたわGP』の La Chirico(ラ・キリコ)が発行するウェブマガジンです。ブログ記事の掘り下げた情報や、イタリアの巷に流れる噂などをご紹介します。