新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

クアルタラロー特集:素顔は?ヤマハとの交渉は?ロレンソ追随?:風聞〜イタたわGP Vol. 277

コンテンツ目次

【イタたわGPまくら話】
●ロレンソ&スピーズ仲良しインタビュー『趣味でレース参戦なんて信じられない!』

【クアルタラロー特集:素顔は?ヤマハとの交渉は?ロレンソ追随?】
●クアルタラローとは、どんな若者なのか?
・若いわりには苦労人…
・クアルタラローの武器は『謙虚さ』と『笑顔』

●ヤマハ機のことは、どう思っているのか?
・乗りやすいマシンだから好調なのか?
・ロレンソのライディングを追随しているのか?
・ドゥカティ移籍話はどこまで進んでいたのか?
・ヤマハ機2020年版への乗り換えは上手くいってるのか?

●ヤマハとどんな交渉をしたのか?
・マネージャーの作戦とは?

●今年はマルケスを倒せるのか?
・打倒マルケスの秘策は?
・今後の改善点は…

イタたわGPまくら話

皆さん、こんにちは!
新型コロナウイルスによる非常事態体制がちょっと緩和されたイタリアから、管理人のラ・キリコです。

ごめんなさい。
ここ最近はブログ投稿が忙しすぎて、特にこれと言った話題もないんです。
まぁ、外出が自由になったとは言え、せいぜい買い物ぐらいにしか行きませんしねぇ。

あっ、でも、飲食業や小売店も再開してるんで、カフェなんかはけっこうお客さんが入ってるようですよ。


おっと、モトGPこぼれ話を始めなくっちゃ!
今回は、ロレンソ&スピーズ元選手が仲良く一緒にインタビューを受けてたんで、面白そうな所を抜き出してみました。

まぁ、どうぞ、どうぞ。


ロレンソ&スピーズ仲良しインタビュー『趣味でレース参戦なんて信じられない!』

以前、モトGP選手の皆さんが「好きなチームメイトは誰?」って訊かれた際、ホルヘ・ロレンソ元選手「ベン・スピーズ」って答えてまして…
(無料note関連記事:ロッシ、ロレンソ、ドヴィetc…好きなチームメイトは誰?

そのせいなのか、どうなのか…
6月初め頃、ロレンソ&スピーズ元選手ダブルインタビューがありましてね!

こんな感じで、和気あいあいと会話が進んでおりました。

ロレンソ
「(テストライダーは)まぁ、趣味みたいな感じで引き受けたんですよ。
マシンに乗るのが好きなんだから、良いチャンスかと思って。しかも、乗せてもらえる代わりに、こっちもヤマハに何かしら提供できるわけでしょ。
ヤマハにはモトGPに昇格させてもらって、3回もタイトルを取らせてもらったんだから。
このままヤマハのテストライダーを続けていきたいとは思ってるけど、もし無理でも、それで夜も眠られなくなるってわけじゃないしね。
当初はバルセロナでワイルドカード参戦するはずだったけど、事前テストもなしでレースに出られる状態だったかどうかは分かりませんね。
正直なところ、別に復帰できるかどうかを確かめたくって、ワイルドカード参戦を決めたわけじゃないんですよ。
今は、僕の人生でそう言う話は終わりにしたわけだから。復帰する必要は感じてないんで。
ただ、人生、先のことは分かりませんけどね。」

画像1

スピーズ(納得できない感じで)
「ただの趣味みたいに…お楽しみで出るには、バルセロナって言うのはとんでもないトラックなんじゃないの!
あそこで君が速いってことを、まるで忘れてるみたいな言い方じゃない。

ロレンソ(自己弁護をするような感じで)
「もうモトGPライダーの頃とは生活スタイルも違っていて、現役時代のようなトレーニングもしてないし、それほど真剣に取り組んでもいないわけで。他のモトGPライダーを倒したいって思うなら、100%の状態にしなければならないものでしょ。
でも、僕はもう考え方を変えてしまったんですよ。だから、レースウィークエンドをただ楽しむために出たかっただけで。特別なリザルトを出してやろうなんて思わずにね。
まぁ、ベンは信じてないみたいだけど(笑)。

スピーズ
「またホルヘがレースに出てるのを見れたら素晴らしかったと思うけどね。ヤマハ機にまたがっている姿を見ただけで、まるで昔の…2011年とか2015年頃のホルヘみたいだったから。
もし出ていたら絶対に速かっただろうし、面白いことになっていたと思うよ。」

スピーズ
「僕も2年前にアメリカで、レース復帰できそうなチャンスがあってね(※ドゥカティ機で『MotoAmerica』に)。
実現しそうな感じだったんだけど、結局、諸々をすべてまとめ上げるのが難しくって。
僕も馬鹿じゃないし、(現役を離れて)もう何年も経ってるって分かってるからね。たとえ全てが思い通りに行ったとしても、容易ではなかったでしょう。
まぁ、もう興味はないから。もしかしたら、この先、ホルヘと一緒に耐久レースの方で何かできるかもね…40才過ぎたらの話だけど。

画像2

ロレンソ
ベン、ヤマハSBKの方のテストライダーなんか出来るかもよ。それで何回かワイルドカード参戦するとか。
でも、まぁ、ただの趣味ってことだけでね(冗)。」

おっと、そろそろ本編を始めなきゃ!

今回は、ファビオ・クアルタラロー特集です!
ご本人やマネージャーさん、それからチーフメカニックさんのコメントを中心に、素顔はどんな若者なのか?とか…
ヤマハとの交渉はどんな風に進められたのか?とか…
ロレンソ元選手のライディングを踏襲してるのか?なんて話をまとめてみました。

まぁ、どうぞどうぞ。

この続きをみるには

この続き: 8,663文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

『風聞〜イタたわGP』&『ITATWAGP』の有料記事を月刊で販売しています。 【2020年6月号】は3巻で290円(税別)です!

または、記事単体で購入する

クアルタラロー特集:素顔は?ヤマハとの交渉は?ロレンソ追随?:風聞〜イタたわGP Vol. 277

風聞〜イタたわGP(ウェブ版)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは、新たな健康食品を購入する費用にさせていただきます。これで、また頑張りますね!

すみませんねぇ❤
7
モトGPブログ『イタたわGP』の La Chirico(ラ・キリコ)が発行するウェブマガジンです。ブログ記事の掘り下げた情報や、イタリアの巷に流れる噂などをご紹介します。

こちらでもピックアップされています

風聞〜イタたわGP 月刊マガジン【2020年6月号】
風聞〜イタたわGP 月刊マガジン【2020年6月号】
  • 3本
  • ¥290

『風聞〜イタたわGP』&『ITATWAGP』の有料記事を月刊で販売しています。 【2020年6月号】は3巻で290円(税別)です!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。