見出し画像

ビジュアルレポート勉強会、始めます。@derami_no

#ラブソル

おはようございます。ラブソルデザイン事業部の小野寺です。

今年も残すところ、今日を入れて25日ですって。イレギュラーがもはや当たり前になっている2020年。「毎年恒例」がきちんと訪れてくれることに、いつも以上に安心感を覚えるのは私だけでしょうか。

例えば、しいたけ占いとか。

画像1


ちなみに双子座の私、最強に無欲な感じでクライマックスを迎えるそうです。

なるほど確かに。最近、久しぶりに会う人に、仙人みたいになったね、と言われます。大切な人たちと、ほかほかご飯が食べられれば、他には何もいらないと、割と真剣に思っている節があるので、そのことかもしれません。

画像2


ただそんな私が「ちょっとこれは自分、頑張りたいっす」と思うことの一つが、ビジュアルレポートという文化をつくりたい、ということ。

ビジュアルレポートの例がこちら。11月27日(金)から3日間に渡って開催された“CAMPFIRE COMMUNITY FESTIVAL” 通称 #コミュフェス で、弊社ラブソルは協賛企業として、レポート等を担当させていただきました。


そのためにはまず、ビジュアルレポートの魅力を知ってもらい、その力の使い方を知る仲間を増やすことが必要だと考えました。

そこで、弊社が運営するコミュニティ「喫茶ラブソル」でビジュアルレポートの勉強会を定期的に開催していくことにしました

画像3

喫茶ラブソルは昔懐かしい純喫茶のような、文化とコーヒーの香りが立ちこめる場所。知的好奇心が旺盛で、人のぬくもりを愛す人たちが集まる、オンラインコミュニティです。

第1回の今回は「ビジュアル化トレーニング」です。ビジュアルレポートを制作する上で重要なスキルの一つ、「言語や関係性を素早くビジュアル化すること」。

刻一刻と状況の変化する時代。数週間、数ヶ月どころか数日のうちに事態が移り変わってしまうことは、驚くことではなくなっています。情報の鮮度が高いうちに届けるために、私たちラブソルでは当日から、遅くとも数日以内にビジュアルを仕上げ、世に発信することにこだわっています。

このビジュアルも、ファクトチェックを経て、対談終了の数時間後には発信されました

画像4

今回の勉強会では、ワークシートを用いながら、ワークショップ形式でインプットとアウトプットの反復練習を行なっていきたいと思っています。準備するものは、紙とペン、もしくはiPadとApple Pencilのみ。

その際いくつかポイントもお伝えします。絵が苦手!と思っている方も安心してご参加くださいね。

今出来るかどうかは重要ではありません。ビジュアルに少しでも興味がある、ビジュアルの力を信じている。そんなあなたのお越しを、心からお待ちしております。

ご参加はこちらから。


画像5

SNS>> twitter

デザイン事業部ではビジュアルレポート専用Instagramも運用しています!是非こちらもチェックしてみてください。

>> https://www.instagram.com/la_boussole_design/

スクリーンショット 2020-12-07 7.00.37



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!