僕の失敗や後悔を詰め込んだ「好きになった女性を射止めるLINEテクニック講座」

画像1

初めまして、恋愛大学の管理人ジョナサンです。

少し前にツイッターを見ていたら、ある女性がこんなツイートをしてました。

この男性は、送るLINEをちょっと間違っただけで、恋愛対象の圏外までぶっ飛んでいったのです。

たった1通、間違っただけでです。

顔が見えない分、LINEというのはほんの些細なミスが致命傷に繋がります、反対に言えば、女性心に配慮したLINEを使いこなすことが出来れば、それだけ恋愛の成功確率も上がるということを意味する。

直接会話するときは最新の注意を払いながらコミュニケーション取るくせに、ことLINEとなると何故かその重要性を軽んじ、慎重さを欠くことで先ほどの登場した男性のように一発で圏外まで吹き飛んでいく。

LINEだってコミュニケーションです。

直接の会話のように相手の表情の変化や息づかいが見えないので、状況に応じた修正ができない分、直接対話よりも遥かにテクニックが必要となります。

●営業と恋愛は同じ。テクニックを持つ者が勝つ

画像2

例えば、営業の仕事である案件の商談が失敗に終わったとします。

そのときに「あぁ〜商談が成功するかどうかって運次第だからなぁ。」と言っているビジネスマンを見たらあなたはどう思いますか。

「なんてバカなやつなんだ!!!商談は適切な準備と方法があれば成功する確率が上がるのに!!!なのに「運次第」???本物のバカだコイツは...」と思うことでしょう。

でも、同じくらいバカなことを女性とのLINEで繰り返す男がこの世の中にはごまんといるんです。

LINEが上手く続かない、デートに誘って断られた。その度に「うん、今回は縁がなかっただけだ。」で終わらす人が後を絶たない。

失敗した原因は運のなさや縁のなさじゃない。

適切な方法・タイミング・内容でLINEを出来なかったから失敗しただけなんです。

もし、あなたが適切なLINEテクニックを学んでいれば縁がなかった、運がなかったと諦めたあの恋愛は成功したかもしれないんです。

●僕の体験談

画像3


「ごめんなさい、その日は別の予定が入ってて( ̄▽ ̄;)」

デートのお誘いをかけた女性から、何度この言葉を聞いたかわかりません。

お誘いLINEを送ってはドキドキしながら返信を待つ・・・


女性もそのドキドキ感を察してか、返信がいつもより遅い。

あれ・・・いつもなら1時間以内には返信がきてたのに、デートのお誘いをした途端、返信が遅くなる。

やべ・・・迷惑だったかな・・・まだ誘うんじゃなかったかな・・・
そうこう不安になっているところに返信がくる。

おっ・・!返信きた!すぐ既読をつけるのはガツガツしててキモいから、数時間後に見よう・・・

通知に表示されている文書からは、その可否がわからない。どっちなんだ?

よし数時間経った、LINEを見てみよう。ドキドキしながらLINEを見る…

「ごめんなさい、その日は別の予定が入ってて( ̄▽ ̄;)」

思い切ってデートに誘ってみては断られ...

僕はこんな失敗を何度も何度もしてきました。

断られる度に気まずくなって、恥ずかしくなってLINEのやりとりが途絶える。

最初は某掲示板のネット民が言うように「所詮、女は顔で男を選ぶんだ。」と自分を納得させ続けてきました。

要するに、恋愛が成功するか否かは運命以外の何ものでもなく、自分でコントロールすることは不可能だと考えていたわけです。

が、今はこの考えが大きな間違いだと、はっきりと言えます。

なぜならLINEのやりとりの仕方を少し変えただけで、劇的にモテるようになったからです。

モテるようになった。というのは、多くの女性から声をかけてもらえるようになったという意味ではありません。(そんなのイケメンじゃなきゃ無理。)

「この子素敵だなぁ・・・可愛いなぁ・・・」と感じた女性と、お付き合いに発展することが、前に比べ遥かに多くなったという意味です。

僕にとってはそれで十分。

別に女性にキャーキャー言われたいわけではなくて、好きになった女性とお付き合いできれば、僕は満足なんです。

だから、このnoteを最後まで読んでも、女性からキャーキャー言われるようには残念ながらなりません。

が、好きになった女性を射止められる確率は確実に上がります、それだけはお約束できます。

昔と違って、スマホが普及したこの時代、コミュニケーションの大半はLINEを使って取られています。

面と向かって会話をするときは、誰もがその言葉や振る舞いに注意をしながらコミュニケーションを取ります。なのに、ことLINEとなると、なぜか疎かになってしまう不思議・・・

僕も人のことは言えません、だって当の自分が疎かにして来た結果が、冒頭で書いた「ごめんなさい、その日は別の予定が入ってて( ̄▽ ̄;)」なんですから。

僕もいっぱい失敗や後悔をしてきています。

その失敗や後悔のおかげで「あっ、こうすれば女性の好感を得れるんだ。」「あっ、こうすれば既読スルーされなくなるんだ。」「あっ、こうすればデートの誘いに応じてもらえるんだ。」と、わかったことがたくさんあります。

「あぁ・・・タイムマシンに乗って、アノ時のバカな自分に教えてあげたい・・」
そんなことをたくさん、このnoteに詰めさせてもらいました。

●このnoteはこんな人が対象です。

画像5

・イケメンだと周りから言われる。
・女性からモテる自覚がある
・今までの交際人数は平均並み

である人は、今のままで問題ありませんので、このnoteを読む必要はありません。

一方で

・今まさに好きな人がいてどうしても手に入れたい。
・LINEを既読スルーされる。
・デートに誘ってもOKをもらえない。

上記に当てはまるなら、LINEテクニックを身につけるだけで、恋愛の成功率を大幅に伸ばすことが出来ます。

●このnoteにはこんなことが書いています。

画像4


・意中の女性を惹くためには絶対に既読スルーを避けなければならない。
・なぜ女性はLINEを返してこなくなるのか?その理由を教えます。
・返信のタイミングを徹底的に遅らせると何故効果的なのか?正しい返信間隔とは?
・既読スルーされるのは「返信内容」に問題あり!スルーを防ぐための文章とは?
・〇〇は文面に一切使わない。〜興味から好意へ~
・初デートはどこに誘う?その場所、もしかしたら間違ってるかもしれません
・デートに誘うタイミングを間違えると、高確率で断わられる!適切なタイミングとは?
・どのような言葉で誘えばデート承諾率が上がるのか?
・初デート後は絶対に〇〇してはいけない理由
・女性に〇〇を見せると、あっという間に既読スルーされる


●一生負け続けるか、それとも勝つための方法を身につけるか?

あなたに恵まれた容姿があるなら別にテクニックなんていらないんです。

容姿さえあれば、よほど酷い性格・言動じゃない限り、勝手に好きになってくれる女性が現れますから。

一方

容姿に恵まれない男は、頭を使って恋愛をしなくてはいけません。

女性の考えていることを理解し、どうすれば自分をアピールするための時間を貰えるのか、女性はどうゆう男とならデートしようと思ってくれるのか?

コミュニケーションの大半がLINEを通じて取られる以上、LINEのやりかたを変えないことには、あなたの恋愛の成功確率は何も変わりません。

僕に言わせれば、直接対話よりもLINEコミュニケーションの方が大切です。

だって、LINEがヘタクソだとデートすらできない。デートが出来なければ当然恋愛なんて成功しないわけです。

最終的な合否を決めるのは、もちろんデート。でも、LINEを上手く使えないと試験会場にすら辿り着くことが出来ない。

そして、世の男性のほとんどは、昔の僕と同じように「初デートすらできずに」撃沈していく。

「1回会ってみよう。」

彼女にそう思ってもらえるLINEをできる男がどれだけ他の男に比べて抜きん出てるか?

デートの場に女性を引きずり出す難しさを知っているあなたのよくわかっているはずです。

1年365日で割返すと、このnoteの値段はわずか6円。

たかが6円を惜しんで、一生負け続けるか。それとも一歩前に踏み出す勇気を出してみるか、選択権は今あなたの手にあります。

画像6


この続きをみるには

この続き: 9,396文字

僕の失敗や後悔を詰め込んだ「好きになった女性を射止めるLINEテクニック講座」

恋愛大学:ジョナサン(管理人)

2,480円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
恋愛に悩む女性の力に少しでもなれたらと始めたブログ「恋愛大学」の管理人をやってます。おかげさまで月に10万人以上に見てもらえるブログになりました!これからも頑張りますので応援よろしくお願いします。

こちらでもピックアップされています

【恋愛大学】教科書シリーズ
【恋愛大学】教科書シリーズ
  • 26本

恋愛の参考になるノウハウを無料で公開しているマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。