NEM活 #2 HP翻訳  Symbolはトークン化とSTO発行の簡易化を促します。

Symbolは、近代的で効率的で使いやすいブロックチェーンプラットフォームの使用を必要とする起業家、企業、機関にサービスを提供するために設計されています。

Symbolの開発プロセスに沿って、どの機能強化がプラットフォームで最も多くの問題を解決することを可能にするかが明らかになり,それゆえに営利団体(Symbolの利用者?)に最も利益をもたらすことになりました。また、多くの革新的な分野で事業を展開している企業がSymbolの採用の最前線に立つことも明らかになりました。これらには、建設、データ管理、物流、公証、金融、資産管理などの事業を行っている企業が含まれます。

特に金融や健康マネジメントの世界で事業を展開する企業は、トークン化されたデジタル資産の管理・管理をサポートするプラットフォームを必要としています。

この記事では、Symbolが新興のトークン化された資産セクターをサポートする体制を整えている理由と方法を探ります。

トークン化とは?(What is tokenization?)

まずは、実際にトークン化とは何なのかをよく理解してみましょう。

トークン化は、任意のタイプの資産を取り、記録、保存、および/またはブロックチェーンネットワークを介して転送することができるトークンの形でそのデジタル表現を作成するプロセスであると説明することができます。

これをさらに単純化すると、トークン化によって、誰でも美術品のような物理的なオブジェクトを受け取り、その価値を表すブロックチェーンベースのトークンを分散型台帳ネットワーク上で作成することができるようになります。

ソフトウェア、ゲームのクレジット、コンピュータで生成されたキャラクターなどの無形のオブジェクトについても同じことができます。

トークン化のプロセスは、セキュリティ・トークン・オファリング(STO)の出現をもたらしました。これは、ICOとIPOの合併を意味します。 ICOは、ブロックチェーンベースのプロジェクトが自分のトークンと引き換えに資金を調達する方法として利用されてきました。一方、IPOは、民間企業が新規株式発行で株式を公募して資金調達をするという、より伝統的な方法です。

その結果、STOは、トークン化されたデジタル証券を提供するトークン化されたIPOに似ており、そのような資産はまた、セキュリティトークンとして知られています。

セキュリティトークンは、ICOで提供されるものよりも厳しい規制に直面しており、多くの場合、認定された投資家や、当該法域内で必要な取引条件を満たした一般のメンバーのみが利用できるようになっています。

またセキュリティトークンは、一般的には標準的なICOトークンよりも複雑な性質を持っています。セキュリティ・トークンは、多くの場合、投資家の制限、厳格な検証、配当、償還、早期決済などの機能を組み込む必要があります。

資産を担保としての資格を決める方法は、それぞれの国で定められています。例えば、米国では、Howey Test に合格したトークンはセキュリティ・トークンとみなされ、米国証券取引委員会(SEC)の規制と支援に該当します。

これらのトークンは一般的に、関連する価値ある資産が担保となっています。SECは、規制された民間企業が株式、債券、さらには収集品などの伝統的な金融商品のデジタル化された表現を作成することによって資金を調達することを許可しています。セキュリティ・トークンは、金融商品の近代的で合理化されたバージョンを表しています。

セキュリティ・トークンは、規制当局、発行者、保有者に多くのメリットをもたらします。これらのトークンは、保有者の価値の移転を容易にします。また、規制当局や発行体は、オンチェーン資産のコンプライアンスや監視にかかるリソースが少なくて済むため、コストを削減することができます。その結果、トークン化、特にSTOの重要性は今後数年の間に大きく成長することが予想され、Symbolはこの新興市場をサポートするために開発されました。

Symbolは、NIS1によって設立されたトークン化の取り組みを推進します。(Symbol advances the Tokenization initiatives founded by NIS1)

Symbolは、NEM NIS1 チェーンの技術開発と事業開発の上に構築されています。これは、オンチェーンの資産発行の拡大にもつながります。

Symbolのセキュリティトークンの注目すべき例としては、リトアニア銀行との提携によるLBCoinがあります。

LBCoinプロジェクトでは、銀行は今年後半に24,000個のデジタルコレクタートークンをリリースし、各トークンはリトアニアの独立宣言の20人の署名者のうちの1人を表しています。また、トークンは署名者の活動分野に関連した6つのカテゴリーに分けられ、各カテゴリーに4,000個のトークンが入るようになっています。

コインはコレクターズセットを構成しており、デジタルコインはNEMのブロックチェーン技術を使って作成され、リトアニア銀行のLBCOIN eショップを経由してリトアニア銀行が保有するプライベートウォレットに保管されます。また、コインは将来的にパブリックNEMウォレットに移行して、他のユーザーに譲渡することも可能です。

コインを購入した人には、ランダムで6種類のスワップ付きトークンがプレゼントされます。そして、コンプリートセットを手に入れるために必要な交換は誰でも行うことができます。

リトアニア銀行も同時に4,000枚の現物銀貨を発行しており、トークン一式を持っている人は、一般販売されていない現物銀貨を換金することができます。今回の提携は、NEMにとって、デジタル資産をSymbolで管理するという点で大きな前進であり、NEMのNIS1チェーンが開始したトークン化の取り組みを加速させたことを示すものです。

また、VNX取引所との提携も確保されており、Symbol上でのセキュリティトークンの波を促進することを目的としています。

VNXは、ベンチャーキャピタル(VC)とスタートアップ企業のVC資金調達支援を専門としています。VNXは、1,700億ドル近いVC投資を行っており、10,000社以上のスタートアップがこのプラットフォームを通じて資金を調達しています。VNCは、トークン化されたベンチャーキャピタル資産のホーム化を進めており、Symbolを利用してVCプロセスを近代化し、スタートアップの資金調達を新たな投資家に開放することでしょう。

これは、来るべきもののヒントを表しており、Symbolを利用するすべての人にとって、事業開発と商業的イノベーションの重要性を強調しています。

Symbolは、トークン化された資産についての可能性の世界を切り開く独自の技術スタックを構成しています。取引所、投資家、ブローカー、民間企業を含むステークホルダーに、現代の金融の運用ニーズを促進するために設計されたレディメイド?のプラットフォームを提供します。緩和された規制コンプライアンスを維持しながら、資産の発行、保管、譲渡、監視などの業務が容易になります。

トークン化とSymbolの技術(Tokenization and Symbol tech )

その可能性を最大限に引き出すために、Symbolは100%新しいコードを使ってゼロから開発されています。これにより、エンタープライズソリューションのためのNEM NIS1チェーンの能力を大幅にアップグレードすることが可能になりました。

Symbolは、セキュリティ、効率性、設定可能性、使いやすさなどの改善を取り入れており、トークン化プロセスに直接役立つ機能を取り入れています。機能セットには、複数のアセットと複数の送信者/受信者に関連付けられた複数のトランザクションを1つのトランザクションに束ねることができる「アグリゲートトランザクション」に加えて、Mosaicsを使用してスマートアセットを作成する機能が含まれています。

これにより、投資家グループがプールして投資を行うことが可能となり、一定の条件を満たさない場合には取引を中止するなど、様々なシナリオを信頼して実現することが可能となります。例としては、最低参加者数または最低投資額/支払額のしきい値に達していない場合、取引のキャンセルとその後の返金があります。

また、Symbolには、セキュリティトークンの発行と管理を容易にするための多くの機能が組み込まれています。これらには、マルチレベルマルチシグ、アカウント/アセットフィルタ、アセットフリーズ/ロック、メタデータ機能の強化などが含まれています。

この包括的な機能セットは、ホワイトリスト、制限、トークン発行、トークン取引などのセキュリティトークン管理の主要な側面にSymbolが対応できるようにします。例をいかに示します。

・ホワイトリスティング:取引所やKYCプロバイダーは、独自のホワイトリストを維持し、プライベートデータをチェーンから切り離すことができます。アカウントに必要な情報をメタデータとして追加することができます。例えば、KYC/AMLチェックは、アカウントに追加された情報を有効期限とともに実行することができます。

・レストリクションズ:アカウントには、管轄権、投資家の地位、および最小/最大投資額に関連する制限をタグ付けすることができます。トークン発行者やプラットフォームは、アカウントにメタデータやトークンの形でタグを追加したり、ベリファイ機能やプロトコルを追加して、準拠した転送を検証したりすることができます。

・トークンの発行: マルチシグのアカウント機能を利用して安全なバックアップを作成することで、アカウントのバックアップなどの前提条件を満たすことができます。また、特定株主の同意書などの重要な情報をメタデータと一緒にトークンに添付することで、情報開示の要件を満たすことができます。トークンはMosaic機能を使って生成されますので、法人名、ティッカー、国際証券識別番号(ISIN)などの情報を追加することができます。

・トークン取引:取引所、ブローカー、認定投資家など、認可された当事者間でのトークンの取引を確実に行うために、アカウントがアセットを保持するために、アカウントのメタデータ・キーが与えられたアセットのメタデータ・キーと一致することを要求するプロパティを使ってアセットを作成することができます。さらに、アカウントとアセットのメタデータ・キーは、アセットの発行者という同じ署名者によって割り当てられなければなりません。

これらは、様々な利害関係者がセキュリティトークンやSTOを扱うことに関連した管理、管理、規制上の課題をSymbolが克服できるようにする方法のほんの一部に過ぎません。

Symbolは、データ保護と証券法を完全に遵守し、議決権、配当金の支払い、償還、早期決済を組み込んだより伝統的な金融商品の洗練された性質を考慮しています。

また、セキュリティトークンの発行基準がGitHubで公開され、Symbolネットワーク内でセキュリティトークンを登録して管理するプロセスが詳細に公開されています。新たに公開された規格では、金融機関や政府がSymbolを使って資産のトークン化システムを構成し、デジタル化された資産を作成するために、さまざまな方法でカスタマイズすることが可能になります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
孤立はしているが、誰にも迷惑をかけない男。それが一匹ヒツジ。 嫁さんと猫二匹の家庭。 社会の大海原をちっこいイカダで漂うように生きています。風が吹いたら飛んでしまうニート生活をしています。 誰か助けて下さい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。