見出し画像

男性用「痴漢抑止バッジ」、作ります。

一ヶ月ほど前に、女子高校生発案の「痴漢抑止バッジ」プロジェクトが発表され、大きな話題になりました。プロジェクトは現在、来年3月の商品化に向けて順調に進んでいるようです。

【目標300%へ!】「痴漢抑止バッジ」をつけて痴漢行為から身を守ろう! 《公式ページ》

痴漢被害に遭い続けた女子高生が考案した「痴漢抑止バッジ」が大人を動かした 《紹介記事》

私はこれを読んで「発案者の血が滲むような、すごいアイデアだなあ」と思いながら、その一方で、どうも何かが足りていないような、違和感を覚えました。

えっ、これ、男性は何もしなくていいの? って。

***************

【1】痴漢対策における「男性」の不在。

言うまでもなく、痴漢は犯罪です。社会問題と言ってもいいでしょう。でもその割に、痴漢対策の話題で聞こえてくるのは女性の声ばかり。男性はこの話題を、積極的には語りたがらない傾向にあるようです。

確かに、痴漢被害者の多くは女性です。でもだからって、女性だけが「防犯」に努めれば、それでいいんでしょうか? それってなんだか、いじめ対策で「いじめられっ子だけが頑張れ」と言うようなアンバランスさがあるし、最悪の場合、男性が声を上げないことが暗に、「男性=加害者(痴漢)側」という構図を生んでしまうんじゃないか?というのも心配です。 そんなの、イヤだ。 男だって、痴漢には迷惑してるんだ!

男が身につける「痴漢抑止バッジ」があってもいいんじゃない?

そう思ったので、イラストレーターのTommmmyさんの協力を得て、実際に作ってみることにしました。


【2】痴漢は「男の敵」だ!!

男性が痴漢問題を語らないのには、心理的な理由があると思います。なんて言うか、居心地が悪いんです。自分は何もしていない。痴漢なんかしない。なのに痴漢の話になると、なんだか「男性」が悪く言われているような気持ちになるし、ひとりの男として、何か言い返したくもなってくる・・・。

『あのな、男だって"痴漢冤罪"とか、すっげえ怖えんだよ!!』

もちろん、女性たちも痴漢冤罪の怖さをわかってないわけじゃありません。誰だって濡れ衣はごめんです。でも苦しい事に、それが、痴漢に「対抗できない」理由にもなっているようです。バッジを考案した殿岡たか子さん(仮名)は、痴漢被害を受けた心情を、こう話しています。

「混んだ電車の中で、犯人じゃない人を間違えて痴漢だといってしまうのが怖い」(公式ページより

もちろん痴漢冤罪を恐れる男性のほとんどは「痴漢は犯罪だ。自分はそんなこと絶対にしない」と思っています。だから冤罪が怖いんです。 でもどうやら痴漢は、そんな善良な男性たちを、隠れ蓑にしているらしい。 痴漢や痴漢冤罪を恐れる人々を尻目に、痴漢だけが、喜んでいる。 私はそれが、 本当に、 気に食わないんです。

「痴漢冤罪」を恐れる男性も、痴漢の「被害者」です。

痴漢問題で、悪いのは「痴漢」であって「男性」ではないし、ましてや痴漢に対抗する「女性」でもありません。痴漢は「女の敵」で、「男の敵」で、そして「社会の敵」です。男女が互いの被害状況を言い争うのではなく、一緒に、対策を考える必要があるのだと思います。


【3】男性用「痴漢抑止バッジ」 - 痴漢が「やりづらい」世の中へ。

※試作サンプル、正面イメージ(巻しろを含まず)。光沢のある仕上がり。これからデータチェックと入稿、納品後のチェックを行う予定。


女性だけでなく、男性も「痴漢を許さない」意思表示ができたらいい、と思います。痴漢から見て、「敵がいる」とわかるように。被害者から見て、「味方がいる」と思えるように。そうやって、痴漢が「やりにくい」環境を作り、犯罪行為を、踏みとどまらせるために。

痴漢をする人だって、捕まりたいわけじゃありません。それでも痴漢をするのは、「どうせ捕まらない」と高をくくっているからです。防止のためには、「いま痴漢をしたら、本当に捕まるかもしれない」と思わせることが大切になってきます。女子高生のバッジでは実際に、「私は泣き寝入りしません」というメッセージに、痴漢の抑止効果があったそうです。 そしてそれは、「痴漢冤罪」被害の可能性を減らせた、という事も意味します。

痴漢被害については、一部で、「女性専用車両に乗らない女も悪い」「男の生理現象だから仕方ない」といった意見がある事も知っています。でも痴漢問題って、そんな話じゃありません。そんなの、「万引きは、取りやすい棚に商品を置いたコンビニも悪い」とか、「尿意をもよおしたら電車でオシッコしても仕方ない」と言ってるようなものです。痴漢問題で必要なものは、「踏みとどまる理性」と、「踏みとどまらせる環境」なんじゃないでしょうか。

バッジはこれから試作・チェックを経て、公開、配布する予定です。続報はまた、ここでお知らせします。これがもし、何かのきっかけになれば嬉しいです。

私は痴漢にだったら、恨まれたって構わない。どーんとこい。

*************************

【続報】 男性用「痴漢抑止バッジ、配ります。
https://note.mu/kyonghagi/n/n84ee9a149bcf

【3/12(土) 配布イベント】 参加登録受付中!
https://atnd.org/events/74771

※公開・配布にあたって、ご協力いただける方はぜひお願いします。
本家バッジプロジェクトの成功と、痴漢被害が一件でも多く減る事を願っています。
※本文中では触れられませんでしたが、男性にも痴漢被害者がいます。だからやっぱり、痴漢をどうにかしたい、と思います。
※Twitterアカウントは @kyonghagi です。内容は一切保証しません。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
他にも記事を書けるよう頑張ります!
106
朝鮮学校出身の在日韓国人3世。みんな暮らしやすい方がいいよね論者。最近は痴漢問題の話が多め。本当はもっと不真面目な話もしたいんだけどなぁ…リソース不足が悩みです。※記事の価格設定は投げ銭です。もしも気が向いたらどうぞ(感謝)

こちらでもピックアップされています

男性用「痴漢抑止バッジ」(個人プロジェクト)
男性用「痴漢抑止バッジ」(個人プロジェクト)
  • 7本

「女性向け」は本家プロジェクトをご支援ください。https://faavo.jp/tokyo23/project/806

コメント (9)
同性による痴漢、女性が男性にする痴漢、集団もあるし、冤罪にならないようにしなくてはいけない。立場を利用して相手を陥れることもあるので、本当に困っている人が救われない。最も重要なのは加害者を起こさない。加害者側のカウンセリングをして起こさせない環境を作ることが大事ではないでしょうか?男性だけの痴漢だけじゃないんです。生命危機を感じる人に救いの道ができることを望みます。同性の同性による告発ほど恥ずかしいものはありません。もっと偏らず見てください。助け合うバランスが崩れていきます。
とても素晴らしい記事!どうしよう、Twitterにのせたいけど載せ方が分からない。
あなたの記事の写真を私の記事に使ってもよろしいでしょうか?また私も似たような記事を書いています。私にできることあれば、なんでも言って下さい。ご協力させて下さい。
MTFですが女性からの痴漢によくあいます。すべての被害者を守るために男女の二項対立ではなく、被害者と加害者で考えてもらいたい。
そしてすべての被害者を守るために女性専用車ではなくカメラの設置をお願いしたい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。