OK Googleの挙動

OK Googleの挙動

最近2歳児の子供がかなり操れるようになりつつある我が家のGoogle Homeですが、OK Googleの謎の挙動が散見されるのでメモ。
※例が子供向けの歌ばかりなのはそういう理由です。
※うちのGoogle Homeは、AWAを連携済みです

1. 「○○を流して」と「○○の歌を流して」で違うものが流れる場合がある

同じ曲だけど別のバージョン(別のアーティストの楽曲)が流れる場合がある。
場合がある というのも、曲によるので、厳密に何がきっかけか不明。

2. 「○○を歌って」

基本的には”歌って”の部分にだけ反応し、謎のオリジナルソングを歌うが、稀に指定した曲を歌ってくれる。
確認済なのは、
* ハッピーバースデー
* ABCの歌
だが、他にもあるかもしれない。

3. 「鬼のパンツ」

「鬼のパンツ」と言うと、(AWAではなく)”鬼のパンツです”と言って、モードチェンジ的な「フォン」っていう音が鳴って、鬼のパンツが流れる。

ちなみに「鬼のパンツを流して」と言うと、フニクリ・フニクラが流れる。

4. 「オバケなんてないさを歌って」

「歌って」の部分は無視され、木村カエラのオバケなんてないさをAWAから再生する。

ちなみに「オバケなんてないさを流して」と言うと、別アーティストの曲が流れてしまう。


--

なんか他にも公式に載ってないような面白いアクションがあったら教えて下さい(=^ェ^=)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Product Manager @OPEN8 inc.