見出し画像

マリーンズスーパーマリンフェスタ2019

ククルクルルです。
マリーンズのファン感謝デーに行ってきました。

前日にシート貼りをするためだけにマリンに行ったりしたので、気分的には実質2日目です。
楽しかった反面、計画的に動かないと目当てのイベントに参加出来ないだけあってとにかく疲れたので、無事に回れたという安堵感でいっぱいです。

個人的な日程としては
08:00 スクラッチ列整列
08:30 スクラッチ受取
08:45 ショップ列整列
09:00 ショップ開店、グッズ購入
09:45 入場列整列
10:00 入場&イベント①整理券列整列
10:10 イベント①整理券受取
10:20 イベント②整列
10:50 イベント②参加
11:00 座席移動 荷物整理
11:30 イベント①整列
11:50 イベント①参加
12:00 チャリティーオークション見学
12:30 座席帰還
その後 グラウンドイベント見学
15:00 ファン感終了


こんな感じでした。
一緒に行った友人とあちこち動き回っていたのでとにかく疲れましたが、その分充実しましたので結果的にはとても楽しかったです。

参加したイベント等、ひとつひとつ説明&紹介するのは難しいのですが、ざっくり写真を交えながら言いますと、

画像1

まずはスクラッチ。
先着15,000名に配られ、2,000人がサイン会に当選、3,000人がロッテのお菓子当選、1人がJAL国内線往復ペアチケット当選、残り9,999人が外れという内容です。
僕と友人はロッテのお菓子が当選し、チョコパイとHOT6という栄養ドリンクを貰いました。


画像2

ニベア主催の選手との撮影会
これは事前抽選で当選した人とその連れ1名が参加できるもので、友人が当選したので僕も参加させてもらいました。
一緒に撮影する選手は、藤原選手、松田選手もしくは藤岡選手、和田選手でした。
僕らは藤岡選手と和田選手と一緒に撮影

画像3

選手のタピオカ屋さん。
当日の整理券を先着で確保できた人が参加できるイベントで、タピオカミルクを選手から直接受け取ることが出来るイベントです。
茶谷選手、大谷選手、藤岡選手が店員となっていて受け取ることが出来ました。
あと出口にマスコットのリーンちゃんもいた!


画像4

選手とハイタッチ
入場時に選手とハイタッチすることが出来るイベントで、誰とハイタッチできるかは入場したゲートおよび入場列でかわります。
僕の時は、FAで話題になっている鈴木大地選手もいました。動画を撮りながらハイタッチしたのですがブレブレですね()


画像5

伊志嶺選手引退セレモニー
おそらくnpb内でも同い年(ハンカチ世代)でいちばんはじめとなった引退セレモニーなのではないでしょうか。2011年ドラフト1位で入団した伊志嶺選手が今季限りで現役引退となりそのセレモニーが行われました。
伊志嶺選手お疲れ様でした。
今季秋季キャンプからは1軍コーチとしてチームを支えています。


画像6

グラウンドイベント
メインイベントです。選手ほぼ全員が参加して運動会のようなものをやります。全部で5種目やって会場を盛り上げました。
終了後はサインボール投げ入れ。去年は江村選手のボールをゲット出来たのですが、今年は球が近くに飛んでこずノーチャンスでした...


また、ファン感はじめと最後に選手会長である鈴木大地選手から挨拶がありました。注目されているFA関連についての言及はありませんでしたが、今年最後のWE ARE!! をやったあとは、スタンドから大地コールと大地選手の応援歌がありました。
ロッテ残留は厳しいかなという印象は受けましたがそれでも残留を願っています。


画像7

と、どんなイベントがあったかざっくりというとこんな感じでした。勿論参加してないイベントも沢山ありましたのでこれが全てではありません。
(写真は同期でいちゃつく益田投手(白)と大地選手(青) )

マリーンズのファン感史上最多の35,000人がマリンに来場したということで今年は特に盛り上がったファン感になったのではと思います。
とにかく疲れたけれどその分楽しかった。そんなファン感でした。

ククルクルル







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
野球を中心としたスポーツ関係/2017年鳥人間コンテスト出場 Project Liberte 代表/駆け出しのアイロンビーザー
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。