プレミア12を現地観戦することにしました

ククルクルルです。
現在開催されているプレミア12。
月曜日からスーパーラウンドが始まりますが、実は現地観戦は全くと言っても興味がありませんでした。
代表戦はテレビ観戦でいいかなっていう思いと、今季は100日近くを野球観戦に使っているのでガス欠気味というのがありました。

そんな状態だったんですけれど、とあることがきっかけで急遽現地観戦することにしました。
観戦日は12日の火曜で、ZOZOマリンスタジアムでの台湾-韓国戦。
日本戦じゃないんかい!と思うかもしれませんけれど、東京ドームの日本戦って値段がちょっとお高い。マリンでの日本戦ももちろんお高いんですけどね。でもこれが他国同士の戦いとなると国内だと興味を持つ人が少ないらしくてチケット代が日本戦の半額くらいになることに気付きまして、なら行ってみようかなとなったのがきっかけです。

ただチケットが半額になるだけだったら、交通費も考えればそこまでお得感というのは実は無かったりするんですけれど、マリンスタジアムで今年新設された『サブマリンシート』が1席3,600円と、今年一年マリンに通った身としてはかなりの破格でしたので、野球の試合が観たい!というよりかは、サブマリンシートに座りたい!という気持ちが優ってというのが正直なところだったりします。

このサブマリンシートですが、普段いくらかと言いますと、ロッテ主催試合の場合、

プラチナ試合:6,300円
ゴールド試合:6,100円
シルバー試合:5,900円
ブロンズ試合:5,700円
バリュー試合:5,200円
チケット半額デー:5,200円

これが3,600円になるのだから魅力的です。
(日本戦だと7,600円)
いちばん安いバリュー試合は4月の限られた平日のみですし、ブロンズ試合も基本は平日のみ。
また、サブマリンシートは休日の試合は抽選の段階でほぼ売り切れになりますのでシルバー以上になると運がないと座席を確保することすら難しくなります。最前列になると尚更難しいです。

そんな席なのですが、国際大会の他国同士の試合となるとガラガラのようで、試合日の3日前であろうとも最前列の端席がまだ残っているようでしたので確保してみたという感じです。

純粋にこのサブマリンシートというのがどんな席なのか興味があるというのと、この機会に試してみて、眺めなどを確認して来年のロッテ戦でこの席を確保するかなどを決めるのも目的のひとつですね。

普段は座れない高めの席をお気軽に試す方法としては高校野球などのアマチュア野球の試合観戦の時に(解放されていれば)試すというのがいちばん安上がりなのですが、サブマリンシートは基本的にアマチュアの試合の時は閉鎖されていて試せないだけに今回は絶好の機会だと思いました。


勿論、野球の試合として全く興味が無いわけではありません。特に台湾代表にはロッテに所属しているチェン・グァンユウ投手もいますし、一時は国際野球にも興味があった時期がありましたから。野球応援好きとしての観点でも、台湾と韓国は日本に負けないくらいに野球応援に熱のある国ですのでちょっと興味があります。

これまでプレミア12にはさほど興味がわかなかった訳ですが、サブマリンシートのおかげでチケットを買う気になれましたし、チケットを買ったことでちょっと興味が出てきました。
なんか自分は野球をテレビで観るよりも、現地で観戦する方が好きみたいです。
場所は行き慣れたマリンですし、こうなるとちょっと楽しみです。
npbとはちょっと違う国際野球。12日に書くことはこれで決まりですねw

ククルクルル



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
野球を中心としたスポーツ関係/2017年鳥人間コンテスト出場 Project Liberte 代表/駆け出しのアイロンビーザー
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。