すべて僕の所為です
見出し画像

すべて僕の所為です

 非常階段を駆け上がる。暗闇の中、等間隔にある緑の灯りが僕に唯一の現実感をくれる。
 僕はポケットに指をねじ込み、鍵を探す。鼓動にあわせて指先が痛む。僕は歓喜と罪悪感が混ざり合った息を吐く。
 やった。とうとうやってしまった。
 初対面の女を殺し、その体に向け性を吐き出したのだ。
 そのことを噛み締めると、また股間に熱が集まって行くのを感じる。
 心と体が完全に割れている。

「もっと良い女に使えば良かったのに。あと3回しか使えないんだぜ?」

 頭の中でリリスの下卑た声がするが、僕はそれを無視して玄関の扉を開く。
 数年ぶりの外の空気は開放感があったが、慣れた自宅の空気は澱んでいて僕を守ってくれている気がする。


「あ、あんた」

 もう限界だと思っていた心拍数が、さらに跳ね上がる。
 廊下の先にいるのは、姉さん。
 いつもならもう寝ているのに。なんてタイミングの悪さだ。

「あんた、外に出たの? どうして?!」

 姉の表情は、驚愕から狼狽、恐怖、そして怒りへと目まぐるしく変わる。

「私が何回アンタのオムツを捨てたと思ってるの? 外で変なことはしてないでしょうね!?」

 僕を罵倒する声が響く。
 姉はどうやら風呂上りのようで、シャツ一枚にハーフパンツという格好だ。温められ朱色の姉の身体に視線が向く。
 姉をそんな目で見るなんて最低だ。僕は何度も打ち消そうと頭を押さえ、気をそらそうとする。

「聞いてるの?! 本当に───」

 気持ち悪い。

 その言葉が最後の引き金だった。
 どうして。
 僕は姉さんに、助けて欲しかったのに。
 姉さんの首筋。胸。股。視線をそらそうとしても、また飛び込んでくる。

「お、お前も───」

 僕は金色に光る目で、姉のことを見た。

「僕の人形に、なれ!」

 リリスが飛び出す。
 やってしまった。僕は泣きながら、姉さんの魂に縋り付こうとする。
 ぱくん。
 リリスは、姉さんの魂をうまそうに頬張る。

「あ、ああ」

 姉さんは、死んだ。

「あと二人だ」

 リリスは粘つく笑顔で、そう言った。

【続く】


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!励みになります!
あんまり見てると発狂するよ