新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【こんな時だからこそ、うまくネットを活用して、お子様を英語大好き!にしませんか?】

Welcome to my note!😊
はじめまして!
現役で英語スクール講師をしております、くみやんと申します。
只今、スクールでは未就園児のベビークラスから、小学校高学年までのクラスを担当しています。⇨詳しい経歴はコチラ

私は長年英語に関わる仕事をしていますが、そんな中で、いつも
「なんとかして、誰がどこにいても、小さな頃から英語を学べる環境を作ることはできないのかな?」
と考えてきました。

そこで、今年になって、自分が教えているノウハウを纏め始め、インターネットを使った「初めて英語に触れる子どものための、親子で学ぶ英語プログラム」を考えました。

実際に私が使っている市販教材で、なんとかお家で、親子で英語を学べないか?
英語が苦手なパパ・ママでもお子さんと一緒に学べるプログラムづくりはできないか?

かなーり考えました!それこそ、脳みそが沸騰しそうなほどです(笑)

英会話スクールは、調べた方はご存知かも知れませんが、

何しろ高い!!!!

大手だと、お月謝だけで1万円はザラだし、それ以外に施設費や教材費諸々…
そんな額を、英語だけにかけられない!というのが、主婦であり、母親でもある私の本音です。

だからこそ、お家で、しかも安価でできるプログラムを!と考えに考えて、
ついに自信をもってオススメできるプログラムができました!!!

「Makana」=ハワイ語で「プレゼント」

パパ・ママさんから「英語」というプレゼントを、是非お子さんに差し上げて欲しい!

と、思ったその時、始まったのが「コロナウイルス騒動」だったのです…

画像1


コロナ騒動で、お家に籠もらなければいけなくなった昨今。
本当はお外で思い切りお友達と遊びたいし、でもそれも中々叶わない…

こんな時だからこそ、親子で楽しく、お家で英語を学びませんか?😊

ママやパパと英語で遊んでいる子供たちの目はキラキラしています✨
折角お家にいて、時間もある「今」が絶好のチャンスだと思いませんか?

「Makana」プログラムの開発直後に起こったこのコロナ騒動!

外出もできず、小さなお子さんを抱えて家で籠もってしまうママやパパと、何か始めたい!

そう思いたち、今回プログラムが始まる前ですが、無料で「Makana」のレッスンを体験して頂きたく、機会を作ることにいたしました!!

レッスン時間は30分。完全無料のレッスンです。

お家でZoomさえ繋げれば、どなたでもご受講頂けます!
ZoomはPC、タブレット、スマートフォンでもご利用頂けます。(アプリが必要な場合はインストールして下さい。無料です。)

題して、

「緊急企画!コロナに負けるな!「Makana」でお家で楽しく英語を学んじゃおう!」

日時:4月3日(金) AM 11時〜11時30分
定員:15名(先着順)
料金:無料
場所:各ご家庭(ZoomはPC、タブレット、スマートフォンでも無料でご利用頂けます。)
ご用意頂くもの:特にありません。今回はこちらで教材を用意します!


お申し込みは先着順になります!

まずは私、くみやん(@Kumiyan281)に
「Makana無料レッスン参加希望」
と、TwitterからDM下さい。
先着順に、ご案内を致します。

【お陰様で終了致しました!】
近々第2弾を開催予定ですので、ご興味が有る方はDM下さい!




では、ここからは、何故私が「英語」子供たちにとって必要だと考えたのか、を書きますね。

本当に大事な事なので、お時間が有る時に是非読んで下さい!

画像2

【2020年度から、日本の英語教育が変わる!】

2020年度から、英語が小学校で「科目」の一部として導入されます。
3,4年生からは、「外国語活動」として。
そして5,6年生になると「教科」として成績がつくようになります。

実際、私には小学5年生になる娘がおりますが、今の現場で起こっている現実は、

「英語学習をしてきた子としてこなかった子では、授業についていけるか否かがはっきりと分かれる」

という事です。

文部科学省では、日本のグローバル化を推進するため、「4技能」listening(リスニング)、speaking(スピーキング)、reading(リーディング)、writing(ライディング)を身につけるための英語教育を進めていくとしています。
しかし、残念ながら、今の公立小学校には、これを教えられる先生が極僅かしかいないのが現状です。
ほとんどの小学校では、外国人講師を雇うなどして、対応をしています。
その結果、どんな事が起こるのか…?

日本語がわからない英語の先生が授業をすすめるので、「これまでに英語学習をしてきた経験の有る子」と「無い子」に、格段の差がでます。

また、今や珍しいことでは無くなってきている中学受験でも、「英語」を受験科目として取り入れている学校が多くなってきています。

ニュースでご覧になった方も多いかと思いますが、大学入試では
「大学入学試験について、英語の4技能(聞く・読む・話す・書く)評価に民間資格・検定試験を活用する」
と報道もされました。
(2019年11月1日に、文部科学省より活用の延期が発表)

これからの子供たちが大人になるころ、恐らく
「英語は出来て当たり前」
の世界になってきているでしょう。
また、英語が出来ないと、自分のやりたい職につけない時代がやってくると思います。

そのためにも今!!
お子さんと英語を始めてみませんか?

是非無料レッスンにご参加ください!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!よろしければシェアお願い致します。
27
親子の愛を英語で繋ぐ「Makana」代表。 現役子ども英語スクール講師。元・幼稚園教諭。 カナダ留学→大手英会話スクール→英語人材コンサル会社→結婚・出産を期に講師の道へ。 主婦・母親目線を大切にしています。 世界15カ国に友達がいるよ!難病の娘とも楽しく生活しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。