見出し画像

BASE株式会社 代表取締役CEO 鶴岡裕太さん

すべての人がネットショップを作れるように
すでに90万店舗が利用しているというネットショップサービスBASE。誰もが使えることをモットーに、金融面までサポートを始めるなど、全ての人に自分らしく働くチャンスを与える救世主。

1)サービスのきっかけは、お母さんの一言

藤沢:藤沢久美の社長Talk、今日のゲストをご紹介します。今日は東証マザーズ上場企業です。証券コードは4477、BASE株式会社代表取締役CEO、鶴岡 裕太さんです。鶴岡さん、よろしくお願いします。

鶴岡:よろしくお願いいたします、鶴岡です。

藤沢:BASEというサービスは、使っている人、何人ぐらいいるんでしたっけ?

鶴岡:今、店舗さんで言うと90万店舗に使っていただいていて、本当に多くの方々に個人であっても、すごく小さなチームであっても、簡単にネットショップを作ることができますという機能、サービスを使っていただいています。

藤沢:90万店舗。すごいですよね。

鶴岡:そうですね、ありがたいですね。最初から想像できないですね。

藤沢:BASEさん、私も初めて広告を見たときに衝撃を受けて。「無料でネットショップ作れます」みたいな。

鶴岡:そうですね。やっぱり僕は、個人とかスモールなチームがインターネットによって強くなるという、そういう世界が好きなので、そういった方々向けにサービスを作ろうと思うと、やっぱりリスクなくチャレンジできるという観点が結構大切なのかなと思っていて。なので最初、ものが売れるまでは手数料等はいただきませんというのが、結構、そういった方々が新しい第一歩を踏み出すまでは必要なのかなと、そこは創業のころからすごくこだわっている概念ではあるんですけど。

藤沢:だから、みんな、ネットで売ってみたいなって思っている人、いっぱいいると思うんですよ。大手のネットショッピングモールとかで売ってらっしゃるのを見て、売りたいけど、でも、売れないのに手数料払うの、ちょっと嫌だし、そんなお金もったいないしという人たちに、一気にハードルをゼロにしてくださったんですよね。

鶴岡:そうですね。やっぱり自分のお店持ちたいというのは、どの年代の方であっても一定の方が抱く夢なのかなと思っているんですけど、おっしゃっていただくとおりで。もともと僕の母親がネットショップ始めたいと言いだしたのが、一番最初のきっかけだったんですけど、そのとき、8年前ぐらいにあったツールを比較すると、そもそも操作方法もあんまりわからないとか、僕の母親もネットでうまくやる自信がない、最初はやっぱりないじゃないですか。だけど、手数料だけはどんどん出ていく恐怖感みたいなのもあり、やっぱりそういった方々っていっぱいいるんだろうなというのは感じていたので、そういったハードルをなくせてすごいよかったなとは思ってはいるんですけど。

この続きをみるには

この続き: 13,714文字
記事を購入する

BASE株式会社 代表取締役CEO 鶴岡裕太さん

Kumi Fujisawa

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!多地域居住始めようかと思っています。
4
20代に起業して、30代で会社を売却、テレビに出たり、本を書いたり、40代には、ダボス会議のヤンググローバルリーダー、霞が関で働いたり、社外取締役をしたり、50代になって、新たな一歩を踏み出したくて大学院に進学、令和2年、さて何やろう。http://kumifujisawa.jp

こちらでもピックアップされています

文字で読む『藤沢久美の社長Talk』
文字で読む『藤沢久美の社長Talk』
  • ¥480 / 月
  • 初月無料

毎週、さまざまな分野の社長をゲストにお招きし、起業、事業のアイデア発想方法や思考法、そして、社長ご自身の魅力や哲学に迫るインタビュー番組です。絶え間ない努力と挑戦を重ね、なおも前進を続けるトップリーダーの言葉には、ビジネスや人生に役立つヒントが満載。未来を拓く力となる元気と勇気をお届けします。 *1ヶ月4名の対談で480円ですので、継続購読の方がお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。