見出し画像

株式会社ギフティ代表取締役、太田 睦さん

新たな出会いを生み出すeギフトのプラットフォーマー
手軽にギフトを送ることで、受取手は、行ったことのないお店に行くチャンスを得る。ギフトを通じて社会にインパクトを与える同社。立ち上げの苦労とプラットフォーム戦略を聞きました。


1)125万人が利用する「eギフト」とは

藤沢:藤沢久美の社長Talk、今日のゲストをご紹介したいと思います。今日はマザーズ上場企業です。証券コードは4449、株式会社ギフティ代表取締役、太田 睦さんです。太田さん、よろしくお願いします。

太田:よろしくお願いします。

藤沢:ギフティはもう、実は使っている人、いっぱいいるんだろうな。今、どのぐらいの年代層が使っているんですか?

太田:今、会員のトータルとしても125万人いまして、多いのがやっぱり女性の方が7割、8割ぐらい。年代にすると20代後半から30代後半ぐらいまで、結構幅広いかもしれないですね。

藤沢:なるほど。つまり、デジタルとかスマホが日々、もう当たり前の人たちが大いに使っているということですね。

太田:そうですね。

藤沢:さあ、どんなビジネスなのかを、ちょっとご説明いただけますか。

太田:はい。メインとなるのがeギフトというもので、聞きなれない言葉だとは思うんですけど、例えばスターバックスさんとかサーティーワンさんとかミスタードーナツさんとか、そういった実店舗で実際の具体的な商品だったり、サービスと引き換えることができる電子チケットのことを総称としてeギフトって呼んでいます。このeギフトをそもそも生成するところから、個人向けにCtoCで販売をしたり、法人さんにキャンペーンとか、インセンティブとして使っていただくとかいう、生成、流通、販売を一気通貫でやっている会社になります。

この続きをみるには

この続き: 14,448文字
記事を購入する

株式会社ギフティ代表取締役、太田 睦さん

Kumi Fujisawa

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!コメントもお待ちしています!
2
20代に起業して、30代で会社を売却、テレビに出たり、本を書いたり、40代には、ダボス会議のヤンググローバルリーダー、霞が関で働いたり、社外取締役をしたり、50代になって、新たな一歩を踏み出したくて大学院に進学。さて次は?http://kumifujisawa.jp