我妻社長note用

共栄セキュリティーサービス 代表取締役社長 我妻 文男さん

ラストワンマイルで命を守る警備員ニーズに応える
機械警備が増える中、人の間際で命を守る警備員やボディガードのニーズは高まるばかり。警備員をいかに育て、いかに質を高め、経営を成立させるか。人が命の会社の戦略とは。


1)マンパワーにこだわる警備会社

藤沢:藤沢久美の社長Talk、今日のゲストをご紹介します。今日は東証JASDAQ上場企業です。証券コードは7058、共栄セキュリティーサービス株式会社代表取締役社長、我妻 文男さんです。我妻さん、よろしくお願いします。

我妻:今日はよろしくお願いします。

藤沢:はい。共栄セキュリティーサービス、私CMを見ました。

我妻:ありがとうございます。

藤沢:ゾンビが迫ってくると、警備員さんが駄目ですよと言って、入館証を見せてくださいと。

我妻:そうですね。落ちで九官鳥なんて言っていますけど。

藤沢:最後に落ちがある面白いCMだったんですけど、まさに共栄セキュリティーサービスさんというのは、警備会社と言えばいいんですか?

我妻:そうですね。警備会社です。

藤沢:警備会社。この警備会社って、簡単に言うと、いっぱいありますけど、共栄セキュリティーサービスさんの警備というのは、どういう警備なんですか?

我妻:私どもは、業界大手の機械警備会社さんとは違って、警備員を募集して教育いたしまして、マンパワーでやる人的警備の警備会社です。警備業務は、1号から4号という専門職に分類されておりまして、1号は施設警備、2号は、イベント警備や交通誘導警備、よく見かけると思いますが道路工事や建築現場の警備で、ああいうところで頑張っている方たちは、2号業務という警備をしている警備員さんです。3号は、現金輸送などの警備で、4号はボディーガードです。このように分類されています。


藤沢:じゃ、機械が付いていて、セキュリティーを守りますではなくて、全部人がやります。

我妻:そうですね。「ラストワンマイル」は人といっていますが、機械を使っていても、最終確認は人が行うというのが、私どもの人的警備です。

藤沢:なるほど。じゃあ、本当に人が命のお仕事だという。

我妻:そのとおりです。

この続きをみるには

この続き:12,494文字
記事を購入する

共栄セキュリティーサービス 代表取締役社長 我妻 文男さん

Kumi Fujisawa

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!養命酒を飲み始めました!
2
http://kumifujisawa.jp20代に起業して、30代で会社を売却して、テレビに出たり、本を書いたり、40代には、ダボス会議のヤンググローバルリーダーになったり、霞が関で働いたり、社外取締役をしたり、有難い30年間の社会人経験を得て、今年から次の30年へ始動。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。