見出し画像

ツインバード工業株式会社 代表取締役社長 野水重明さん

Kumi Fujisawa
社員300人で、突き抜けた家電を作る
父に経営権の譲渡を直談判し、カリスマ経営からフラット経営へと舵を切り、お客様の声を徹底して聴き届けて家電を作るこだわりメーカー。その仕組みと成功の秘訣とは。

1)ものづくりのための、お客様の声を聞く仕組み

藤沢:藤沢久美の社長Talk、今日のゲストをご紹介します。今日は東証二部上場企業です。証券コードは6897のツインバード工業株式会社代表取締役社長、野水 重明さんです。野水さん、よろしくお願いします。

野水:よろしくお願いします。

藤沢:ツインバード工業さん、みんな知っていると思います。家に1台はあるんじゃないですか。

野水:ありがとうございます。

藤沢:ね。家電をつくっていらっしゃるということで、よろしいですか。

野水:はい。

藤沢:新潟の燕三条というものづくりの、燕ですかね、燕市で。

野水:はい、本社は燕市になります。

藤沢:で、家電をつくっていらっしゃるんですが、もともとはメッキの会社で、今は家電、しかもとてもユニークで。しかも、お客さんの声を聞きながらつくって、どうしてそんなことができるようになったんだろうというのを、今日聞いていきたいんですけども、まず家電です。とにかくお客さまの声を聞きながらつくっている家電。調理器具、照明器具、美容器具、クリーナー、生活家電、扇風機とか、AVとか色々ありますけど、どうやってつくっているんですか?

この続きをみるには

この続き: 11,960文字

記事を購入

500円

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!