見出し画像

株式会社イムラ封筒代表取締役社長 井村 優さん

100年企業が挑戦する「封筒」の進化
デジタル化の波の中、eコマースの発展により物の流れは増え、新たな形の封筒のニーズが高まっている。変化を見据え、時代とともに進化する企業文化はいかにして作り上げられたのか?


1)機械開発力によって実現する多種多様な封筒の提案と大量生産

藤沢:藤沢久美の社長Talk、今日のゲストをご紹介します。今日は東証二部上場企業です。証券コードは3955、株式会社イムラ封筒代表取締役社長、井村 優さんです。井村さん、よろしくお願いします。

井村:よろしくお願いいたします。

藤沢:もうイムラ封筒ですから、名前はわかりやすくて、封筒を作っていらっしゃる。

井村:はい。

藤沢:でも、ただの普通の封筒じゃないんですよね。

井村:そうですね。封筒会社は結構あるんですけれども、当社の強みというのが一番、お客さまからオーダーされた別製の封筒といいますか、オーダーメイドの封筒を得意にやっていまして、そういう会社はあんまり同業他社でも少なくなっています。

藤沢:オーダーメイドの封筒って、なんか社名が入っているぐらいのイメージしかなかったんですけど、ホームページを拝見したら、すごく色んな封筒があるんですね。

藤沢:拝見すると、開封したくなる封筒とか、それから、目の不自由な方のために。

井村:点字ですね。

藤沢:点字が付いている封筒とか、封筒なんだけど、ピリピリッと破るとクーポンになったり、中がちょっとだけ見える封筒とか、ものすごく色んな工夫をされていますよね。

井村:そうですね。そういった封筒を少量作るなら同業他社でもできるんですけれども、私たちの強みというのは、それを大量生産できるという、製造工程のところが、一番の同業他社さんと違うところとなっています。

藤沢:その大量生産できる理由というのは、何なんでしょう。

井村:やっぱり技術力をですね、20名以上の技術者で、ああでもないこうでもない言いながらですね、どうやって生産を効率化できるかということを、やはり100年の歴史の中で、ずーっと考えてきたDNAが、今日まで育ってきたのかなというふうには見ています。

藤沢:なるほど。この100年というのも、このあとちょっと伺ってみたいんですけど、まず技術者さんがいらっしゃるというところも一つポイントで、私たちはものって、つくるというところをなかなかイメージできないんですけど、世の中にないものをつくるということは、それを作る機械を作らなきゃいけないんですよね。

井村:そうですね。で、当社も最初は荷札を作っていたんですけども、荷札というのは、実は封筒の製造業者から捨てられるべき紙をただでもらってきて、それで荷札を最初は作っていました。ただ、だんだんそれを見ていると、やっぱり封筒を作りたいよねというところで、社員が動き出して、じゃあその前に封筒の機械を作ろうということで、何もないところから、その封筒の製造機械というのを、多分日本で一番最初に作り出したというのが、当社のようです。

この続きをみるには

この続き: 13,651文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マガジンを購読いただくと、お得に毎週の対談をお読みいただけます。単品での購入よりも、マガジンとしてご購読いただいた方が、月に4人の対談内容をお読みいただけますので、お得です!

毎週、さまざまな分野の社長をゲストにお招きし、起業、事業のアイデア発想方法や思考法、そして、社長ご自身の魅力や哲学に迫るインタビュー番組で…

または、記事単体で購入する

株式会社イムラ封筒代表取締役社長 井村 優さん

Kumi Fujisawa

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!ぐっすり眠れてますか?
2
20代に起業して、30代で会社を売却、テレビに出たり、本を書いたり、40代には、ダボス会議のヤンググローバルリーダー、霞が関で働いたり、社外取締役をしたり、50代になって、新たな一歩を踏み出したくて大学院に進学、令和2年、さて何やろう。http://kumifujisawa.jp

この記事が入っているマガジン

文字で読む『藤沢久美の社長Talk』
文字で読む『藤沢久美の社長Talk』
  • ¥480 / 月
  • 初月無料

毎週、さまざまな分野の社長をゲストにお招きし、起業、事業のアイデア発想方法や思考法、そして、社長ご自身の魅力や哲学に迫るインタビュー番組です。絶え間ない努力と挑戦を重ね、なおも前進を続けるトップリーダーの言葉には、ビジネスや人生に役立つヒントが満載。未来を拓く力となる元気と勇気をお届けします。 *1ヶ月4名の対談で480円ですので、継続購読の方がお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。