kukuna

くらしとかおり アロマセラピーサロン&スクールkukuna代表。 毎日がハッピーになれるようなかおりをつくりかおりの奥深さを発信しています。オンラインでもアロマが学べる時代、ぜひ毎日の生活にアロマを取り入れて、健やかに楽しく過ごしていただきたいと思っています。
    • クロモジダイアリー〜kuromoji diary〜
      クロモジダイアリー〜kuromoji diary〜
      • 0本

      日本に自生するクロモジ(黒文字)について、その香りの魅力や日々の使い方、そして私が全国のクロモジを探し歩いたクロモジ旅についてを綴っていこうと思います。 クロモジ(黒文字) クスノキ科クロモジ属 落葉低木 学名 Lindera umbellata 本州の広域に自生する植物で、半日影の山林などを好む。 オオバクロモジ 、コバクロモジ 、など、地域によって種類が異なる。 葉・樹皮・木部とも強い揮発性の芳香を持ち、アロマセラピーでは、日本のアロマとして大変人気がある。 緑色のすべすべした枝に、次第に黒い斑紋がでることが多く、その斑紋が字を書いたように見えることから「黒文字」と呼ばれるようになる。

〜クロモジダイアリー〜山形県2017springNO.4

クロモジダイアリー山形県2017spring最終回 最上川の上流にある山深い町のクロモジは、 町の皆様もとても素敵で、 山をこよなく愛し、 山の恵みを取り入れたお弁当や、 …

〜クロモジダイアリー〜山形県2017springNO.3

森でクロモジの生態を観察したあとは、 蒸留所の見学。 この日は、クロモジの枝をチップにした部位の 蒸留が行われていた。 36リットルの蒸留釜に、 いっぱいのクロモ…

〜クロモジダイアリー〜山形県2017springNO.2

この森のクロモジは、高さが3m以上はある。幹の太さはまちまちだが、斧でも切れるくらいの太さ。太いもので直径は3〜5cmくらい。 ずっとずっと奥までクロモジが続いている…

〜クロモジダイアリー〜山形県2017springNO.1

山形県の中央部にある大江町で、 林業とアロマを製造発売されているso-tennen代表 庄司さんの所有する山へ向かった。 朝からのシトシト雨と、かなりの斜面で、 転ぶ覚悟で…

〜クロモジダイアリー〜クロモジとの出会い

アロマの学びの中で知った「クロモジ」と言うワード。 アロマセラピーでのクロモジの香りは、 その名前のイメージとは真逆で、 この先、このクロモジを探し旅すること…

今日のしずく⑧ ナラチップ

ナラの木と言えば、どんぐりの木。 ミズナラ、コナラ、 コナラ属のクヌギなど、 たくさんの種類のどんぐりを思い出します。 ナラの木のチップの蒸留では、 レモンのような…