見出し画像

【今に集中する】1回生 川口舜太郎

京都外国語大学体育会 サッカー部

皆さん、こんにちは。
今回noteを担当させていただくことになりました。
1回生英米語学科の川口舜太郎です。
拙い文章ですが最後まで読んでいただけると幸いです。
 
今回私から書かせていただくことは『今に集中する』ということです。
 
私は、小学校4年生の夏、初めて両親にスパイクとすね当てを買って貰い、地域のスポーツ少年団に入りました。ジュニア時代は、チームのコーチの温情で沢山試合に出させて貰っていたので、私自身の実力でスタメンになった事は、一度もなかったと思います。コーチの方々の優しさに甘え、特に何も考えずサッカーボールを蹴る日々でした。

 
地元の公立中学に進学してからも部活動でサッカーを続けましたが、今までこれといった努力をしてこなかったので、部員の中で一番下手でいつもベンチ外だったのをよく覚えています。公式戦に出た記憶はほとんどありません。中学生活の途中からサッカーに絶望し、高校時代ではサッカー部に入部することはありませんでした。サッカーやフットサルのクラブチームに入る事も一度は考えましたが、部活動にもクラブチームにも一度も入る事なく高校生活を終えました。
 
大学生になり、今までサッカーを続けてこなかったことに対し、コンプレックスを抱えていましたが、フットサル部と迷った末、サッカー部に入部しました。サッカー部の練習では、私は周りに比べ、「技術・体力・サッカー観・これまでの経験値など何もかも足りないことを嫌というほど痛感します。落ち込む日も多々あり、これまで真剣にサッカーと向き合わなかったことに対し、後悔の念で悩まされる日々が続いていました。実際、現在でも「あの時ああすればよかった」とタラレバを考えてしまいます。
 
しかし、
過去は私達がどうあがいても変えることはできません。
過去よりもこれからに目を向けなければなりません。
この言葉は、両親からよく言われている言葉です。
 
私自身、この言葉を大学に入ってから常に意識しています。
今後どのような行動をとるか、失敗をポジティブに捉え、二度と同じ失敗をしないよう考え、今を生きています。
 
私にとって「今に集中する」ということは、早く私自身がチームの戦力になれるように毎日成長できるよう常に頭を働かせ行動することです。
昨日より今日、今日より明日、毎日成長することを意識してこれからも頑張りたいと思います。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
京都外国語大学体育会 サッカー部
・京都外国語大学体育会サッカー部公式 ・関西学生サッカーリーグ4部所属 https://kufssoccerclub.wixsite.com/kufs-soccer