FireShot_Capture_081_-__2__原_菜穂子_-_https___www

共産党員がパワハラ!被害を受けた女性市議は離党、加害党員は処分しない方針

KSL-Live!

 日本共産党の原菜穂子岐阜市議(38)は5日、党内でパワーハラスメントを受け離党したことを発表した。来年4月の市議選には無所属で出馬する意向を示している。共産党岐阜地区委員会は加害側の党員2名に反省文を求めたのみで、処分はしない方針だという。

 原市議と党岐阜市議団(堀田信夫団長)によると、原市議が2014年の補欠選で初当選して以降、岐阜地区で活動する年配党員2人から嫌がらせを受けていた。党岐阜地区委員会などに相談したが、改善されなかった。7月の原市議の離党届提出を受け、党岐阜地区委員会幹部らが調査。2人はパワハラを認めたという。反省文の提出を求めるなどしたが、処分はしない方針。堀田団長は「パワハラに気が付けなかったことは申し訳なく反省している」と述べた。
出典:「党員からパワハラ」 共産の岐阜市議が離党 | 岐阜新聞Web

党内パワハラは他にもある!陰惨な圧力の数々

この続きをみるには

この続き: 494文字

記事を購入

100円

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
KSL-Live!

執筆活動のご支援をお願いします。