見出し画像

練習の時間配分について

ピアノの練習。ウォーミングアップに30分とかかけてる人は10分程度でやめて一番必要な事にすぐに取り掛かかって下さい。取り組んでいる曲とか。

理由はシンプルで、元気なうちに大事な事をやるんです。その後で好きなだけ基礎練をやって下さい。

練習する時間帯は遅い朝の時間(午前10時くらいでしょうか)や午後いちが最もパフォーマンスが出るという話があります。夕方はパフォーマンスが出にくい事が多いようです。単純にもう疲れている。

詳しくは『究極の鍛錬』を読んでください。

そこかしこから「夜型人間はどうなの?」というツッコミが聞こえてきますが(笑)、元気で情報もすっと脳に入って来やすい時間帯にやりましょうということだと思います。夜型人間なら時差を考えればいいのかまでは分かりません。

『究極の鍛錬』では仕事前の早朝と仕事後の深夜に文章の鍛錬を積んで結果を出した人の話もありますから、これが出来ないと駄目だということではないと思いますがスケジュールが可能な人は試す価値があります。

http://www.amazon.co.jp/dp/4763130366






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
ピアノ、キーボード、作曲、編曲。ジャズを志して○○年。ロック魂あり。クラシック大好き。リーダー作9枚。移動ド。noteは主にレッスン的な事を記しますが雑文も。プロフィールはこちらで→ http://www.shinzawa.net