見出し画像

【刑務官採用】面接対策の教科書【過去質問と回答例】

こんにちは、江本です!

本記事では、刑務官採用試験の口述試験(面接)を効率よく対策する方法を解説しています。

※内容は高卒、大卒、社会人共通です。

おそらく、この記事を読んでいるあなたは、

  • 面接対策は何から始めればいいの?

  • 面接はどんなことが聞かれるの?

  • 質問にどうやって回答すればいいの?


これに当てはまると思います。

夢の刑務官まであと一歩のところまで来ているのに、面接で落ちたら今までの苦労が報われませんからね、気持ちはすごく分かります。

僕自身、公務員は安定していて、給料もいい(そんなことない…)と、親やテレビからの情報を鵜呑みにして、なんとなく公務員を目指していたタイプなので、面接はとても苦労しました。

そんなことだから志望動機、自己PR、面接で話すことなど、考えようにもまったく思いつかなかったんですよね……。

そこで僕と同じように、面接試験の悩みを抱えている人の不安を減らし、合格の可能性を少しでも高められる記事を作成しました。

何とか面接試験をクリアして最終合格を勝ち取りたい人は、ぜひこのnoteを最後まで読んで自分のモノにしてほしいと思います。

このnoteの内容は以下になります。


【本noteを書いている人】
江本(えもと)です。
公務員試験の指導歴13年目で、情報メディア「公務員試験タスクフォース」を運営しています。

僕自身、公務員試験の受験経験者でして、国立大学法人等職員、政令指定都市、市役所に合格、現在は国立大学の職員として勤務しています。

前職は公務員試験専門学校で勤務していたため、公務員試験に関する知識や情報に詳しいです。何かお役に立てることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

刑務官採用試験の面接試験とは?

面接試験とは、志望動機や自己アピールなどを問うことで、あなたが刑務官として相応ふさわしい人物かどうかを評価・判断する試験のことです。

試験概要

■試験時間:20分
■面接官:3人

*令和4年度(2022年実施)の試験情報です。

試験は、面接官3人と受験者1人による"個人面接"が行われます。

個人面接は1人の受験者に対して、集中してチェックできるため、面接官は様々な観点から評価することができます。また、集団面接とは違い、受験者は自分一人だけなので緊張しやすい形式ですが、他の受験者がいないことから集中でき、自分をアピールしやすいという利点があります。

間違いのない回答を目指すことも重要ですが、あまりマニュアルに頼るのではなく、それ以上に自分らしさや刑務官への熱意をアピールできるように準備していきましょう。

面接カード

面接カードとは、面接試験で使用される資料のことです。

氏名や学歴などの基本情報にくわえ、志望動機や自己PRなど、面接官が「受験者はどんな人物なのか?」を見極めるための役割があります。

実際の試験では、提出する面接カードに基づいて過去の経歴や経験、志望動機や今後の抱負など幅広く聞かれているので、わかりやすくアピールできる内容を考えなくてはいけません。

内容は毎年おなじです。面接練習は面接カードがないとできないので、はやめに考えておくことが重要です。

江本:本noteの購読特典として面接カードの添削を行なっています。「自己PRや志望動機はこれでいいんだろうか…」と悩んでいる方は、ぜひ活用してください!

評価基準

出典元:刑務官の面接対策と傾向

3人の面接官それぞれが項目ごとにa~eの5段階で評価を行い、最終的にA~Eの総合判定をつけます。

なお、D,E評価の場合は足切りです。

第1次試験合格者のうち、身体検査、身体測定及び体力検査に合格し、作文試験において 基準点以上であり、かつ人物試験においてA~Cの評価である者について、第1次試験を含 む全ての試験種目の標準点を合計した得点に基づいて最終合格者を決定します。

2023年度刑務官採用試験の合格者の決定方法

どんなに基礎能力試験の点数が高くても、体力検査が満点でも落ちてしまいます。

逆に基礎能力試験の点数が低くても、面接の評価次第で逆転も可能ということなので早めに準備をはじめてくださいね。

面接試験を効率よく対策する方法

結論、筆記試験と同じく「過去問分析」から始めましょう。

最初に過去問を使えば、

  • 一般的な質問が多いのか

  • 時事的なことは聞かれるのか

  • 専門的な(刑務官に特化した)質問が多いのか

といった傾向が把握できるからです。

例えば、

  • 「自己PRしてください」

  • 「志望動機は何ですか?」

  • 「学生時代に頑張ったことは?」

のような一般的な質問が多ければ、書店に売っている参考書を読み込んで勉強できます。

その一方で、

  • 『刑務官の使命は何ですか?』

  • 『刑務官の職務内容で知っていることを3つ言ってください。』

  • 『成人年齢の引き上げについてどう思いますか?』

のように、刑務官の職務に関連した質問や時事的な内容が多ければ、仕事内容や組織、社会情勢についても深く知っておく必要がありますよね。

何も知らないまま適当に対策するから、本番で焦ってしまい落ちるのです。

そんな不幸な結末にならないよう、情報収集を早めに行なってください。

情報収集が重要

とはいえ、筆記試験と違い、面接の過去問題を集めるのは難しいため、多くの方は適当に対策しているのが現状です。

そこで今回、"過去の受験者から集めた質問106個"を紹介します。

江本:その辺に落ちているような出典(出どころ)が不明なものではなく、僕自身のツイッター、サイトで募集し提供してもらったリアルな情報です。

あなたがやることは、この過去質問集を使って、回答を練っていくだけです。

このnote上で提供するため、スキマ時間を使いスマートフォンやタブレットですぐに見ることができますよ。

■無料チャットサポート

また、対策に必要なコンテンツだけ渡して後は丸投げというのが僕は嫌いなので、できるだけサポートできるように「無料カウンセリング(チャットサポート)」をつけています。

「自己PRや志望動機を考えたんだけど、この内容でいいんだろうか…。」みたいな悩み事がでても即解決できるので、ご安心ください。

もちろん、登録する、しない(相談する、しない)は自由ですが、相談できる味方が側にいるのってかなり心強いことだと思いますよ。

⚠️注意(必読)
江本:最近、ルールを無視して質問・相談してくる人が増えています。チャットサポートを利用する場合は、必ず以下の事項を理解してください。
詳細はこちら(要確認)

※2023年9月25日現在、225人の登録者がいます。
一人ひとり丁寧にサポートしているので、
一緒に合格を勝ち取りましょう!

このほかにも、

  • 自己PRと志望動機の特徴と作り方

  • 面接試験で評価を上げた話し方のコツ

  • 返答に困る11個の質問とその模範回答例

といった情報も多く盛り込んでいます。

面接で一番重要なのは、自信を持つことです。
ぜひ、多くを吸収して面接を突破してください。

江本:僕自身、面接は超苦手だったので、過去問をもとに話す内容を徹底的に作り込みました。話せる内容が増えるにつれて自信が出てきたので、かなり有効な方法だったと思いますよ。

■費用・支払い方法

○費用:2,480円

江本:過去の質問内容だけでなく、「自己PRや志望動機の作り方」、「評価を上げる話し方のコツ」、「面接カードの添削(チャットサポート)」も含まれているので、かなりお得かと!


○支払い方法:『PayPayもしくはクレジットカード等』が利用できます。

江本:会員登録をしなくても購読できますが、更新情報や支払い方法がクレジットカードのみといった制限があります。詳しくはこちらをご覧ください。

■購読方法

  1. 「この続きをみるには」まで進む。

  2. 「購入手続きへ」をタップ(クリック)。

  3. 決済方法を選択し、購入するをタップ(クリック)

このnoteに興味を持ってくれたなら、ぜひ活用してください。そして、1人では対策困難な面接試験を効率よく対策しましょう!

その他、noteに関する質問がある場合は、こちらまでお願いします。

刑務官採用試験 面接の過去質問

ここから先は

12,926字

¥ 2,480

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

note最後まで読んでいただきありがとうございました!noteは他にもあるのでそちらも是非(サポートは特に不要です。本当に余裕ある方のみで🙇)