江東社会的養育を考える会 コラム
児童養護施設入所児童の当事者心理を学ぶ(その2)

児童養護施設入所児童の当事者心理を学ぶ(その2)

江東社会的養育を考える会 コラム

忘れがたい物語

私には16年間の施設生活でこの「家庭引取り」をめぐってある忘れがたい物語があります。私は自分の親の名前も顔も知らずに施設で成長しました。小学校3~4年生までは重症の夜尿児童でした。どんなに注意をしていても夜尿が治らず困っていました。同じ夜尿児童にT君がいて当時は「おねしょ組」といって一つ布団で寝ることになっていました。冬の冷たい布団にビニールシートを敷き、「今日こそがんばろう!」と励まし合うのですが、翌朝になると二人とも失敗します。

すると二人とも寒い中、汚れ物の洗濯が課され、廊下を裸で立たされたこともありました。そのT君にある日「面会日」がやってきました。たまたま私が応接間の前を通りかかった時、見てはいけないものを見てしまいました。それはT君と母親の面会場面でした。私は16年間の施設暮らしで一度も家族からの面会・外出・外泊の経験がありませんした。

ところがその日の夜、T君は施設を脱走したのです。当時の脱走事件はみんなで探し出すことになっていました。しかし誰ひとりT君の行先を知っているものはいませんでした。

だが私にはピンとくるものがありました。それは冬の淡雪の降る夜でした。一目散で駆け出して目当ての場所に行きました。踏切の警報機の音がカンカンと鳴っていました。T君は駅前にぽつんと立って電車を見つめていました。私は連れ戻そうと声をかけました。T君と目があった時「タローには親がいなかったよな」とT君がつぶやいた後、二人で施設に戻ったのです。

夜道は暗く寒く淡雪のが降り落ちる空模様でしたが、踏切の信号機の音が耳にいつまでも残りました。その後T君は「家庭引取り」になり私は「がんばれよ!」と声をかけ彼を見送りました。

数日後、T君から1枚のはがきが届きました。そこには「タロー!くじけるな!」と書かれていたのです。私の夜尿はしばらくは治らず、T君とはそれっきり消息は分かりませんでした。

ところが私はある担任の先生の計らいで学校の成績が急激に伸び、その結果5年生になった時には夜尿がピタリと治ったのです。だがそれは施設生活での苦難の始まりでもありました。
(つづく)

和光大学講師  市川太郎

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
江東社会的養育を考える会 コラム
社会的養護とは、親と暮らせない子どもに生活の場を保証する分野を指します。普通の生活の中では出会うことの少ない世界です。虐待によって親と一緒に暮せない場合や、経済的理由や家庭トラブルの事情で一緒の暮らしができないなど様々な背景を抱えている子どもが対象となります。