見出し画像

石積み探訪2~明けましておめでとうございます編

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。京都上賀茂の庭師、ぞうべ こうへいです。普段から庭のことと家族のことしか考えていない庭ジャンキーであります。
特に庭石や石積みに情熱を燃やしています。町を移動中も石らしきものが見えたらわざわざ見に行きます(笑)。時間は惜しみませんwその他、空の雲やゴミ袋の配置、ビルの重なりをみても庭石や庭に見えたりします。
もちろん常に自然を観察しに山にいったりする努力は怠りません。
故によく知り合いから[石キチ]とか[庭キチ]と呼ばれます。ブログを始めるにあたり[庭キチ 鉱平]と自らを命名しました。文章は苦手なもんですから、読みにくいかもしれませんが、これからもよろしくお願いいたします。

毎年のことなんですが、僕は元旦を迎えた日に必ず石積み探訪をします。といっても、毎年同じものを観て感動しているわけですが...

金閣寺道を北に上がるとしょうざんリゾートの入り口が見えますがそのしょうざんリゾートの石積みが半端なくカッコいい❗
造ったのは、以前も紹介した上賀茂の石長 吉田建設さん。半端じゃない技量とセンス、実力を感じます。

まだまだ京都市北区には吉田建設さんの造った石積みがたくさんあります。

僕は毎年、これらの石積みを見に行き、自分にはもっと努力が必要だなと気合いを入れ直します。そして、隅々まで撫で撫でして帰ります。完全に変質者ですが、これからも続けていきますw

今年も石積みと庭の石組みの良さをもっと皆さんに届けていきたい❗その思いでいっぱいです。

ありがとうございました!どうぞ、今年も庭キチブログをよろしくお願いいたします!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
34歳、兵庫県尼崎市出身。相愛大学卒業後住宅メーカーに就職するも退社。(庭がある住まいは暮らしを豊かにしていく)ことに気づき造園会社で修行後、「子庭庵」開業。体感する石組み「いわしみず」をよく施工する。造り込み過ぎず、感性と生活の変化に合わせて造り変えられるデザインをしています。