[アニメ]Lapis Re:LiGHTs(ラピスリライツ/ラピライ)

#大雑把にレビューする

これだけの材料がそろっててどうしてこうなったレベルの残念過ぎた作品です...
ちょっと酷評っぽくなってしまうので、この作品が好きな方は読まないほうが良いかもしれません...

第一話を観たときのキャラの可愛さ、作画の美しさ、声優陣も頑張ってるし何よりもOP楽曲のすばらしさなどなど期待値はマックスで「これは今後ライブライブとかを食っちゃうコンテンツになるのでは?」とか感じました。

しかし第二話からいきなり作品のクオリティ的な意味での暗雲が立ち込めて「え?この作品どういう方向にもっていきたいんだ?」という不安がちらつき始めました。
ユニットをたくさん出したいがためにキャラを大量に投入してくるのですが、髪色で分けました的なキャラが20人近く...
声優の演技がみんな似ているというのもあってキャラに愛着を持つ前に中身の薄いエピソードが続きます。
「ワンクールなのにこんなに薄くて大丈夫なのか?」って不安がどんどん大きくなっちゃいます。

観ていくうちに、ストーリーはそこそこでユニットごとの楽曲が目玉なのかと思い期待しましたが、楽曲のアプローチが全部同じ感じなのでユニットごとの個性が非常に薄く、ひと昔前の「声優が歌えば曲は何でもいいんでしょ」みたいなクオリティの楽曲に感じました。
和ロックユニットがあったり、ダンス主体のユニットがあったり、正統派アイドルみたいなユニットがあったりと、文章にすれば個性的に見えるのですが描き分けがかなり薄いかなぁ...

また、女の子だけ(モブには男性もいますが)の世界に露骨な性アピールみたいなやり取りがちょいちょい入れられるのがすごく苦手で、最終的には嫌悪感に近い感情をもって最終回まで観ちゃいました。

最終回を観終わった感想としても、グダグダで中身が薄くてアニメファンを舐めてる人が適当にアニメを作りましたみたいな印象が強かったですね...キャラ絵はかわいくて、不安定な場面もちらほらありながらも作画のレベルも高くて、声優さんも頑張ってました。
制作が作品の在り方をしっかり舵切して、楽曲のレベルもしっかり上げて、ワンクールという限られた話数で何を見せるべきかってのを取捨選択すれば化けた作品だと思うのですが、結果、薄っぺらく取っ散らかっただけになってしまっていて大変残念でした...
これ、ほんと監督・脚本・楽曲が違えばかなり化けたと思うんですけど...

ただ、twitterなどの反応をみていると高校生くらいの人は高評価を抱いている人が多いようで、けいおん、ラブライブ、バンドリと音楽をテーマにしたビッグタイトルアニメにたくさん触れた20代以上のファンと、初めてこれに触れる人とでだいぶ評価は違うかもしれませんね...

期待値が高すぎた分愛がこじれて酷評みたいになっちゃいましたが、「面白くない、クソ!」みたいなネガティブな意見ではなくて「すごくもったいない...どうしてこうなった...どうやれば面白くなれた...」っていう悩みに近い感想を抱いてしまう作品でした。

最近のアニメブームは「プロの大人が本気で作ってるから面白い」はずなのに、それが「これくらいの子供だましで良いでしょ」みたいなスタンスになっちゃうようならアニメファンとしては毅然としてNoを突き付けなければならないのかなって思いました。

ただ、OP曲は本当に素晴らしいです。
CD買っちゃいました...この熱量で余計なものは取捨選択しながら綺麗にまとめて作り上げてほしかったです...

https://amzn.to/2RMRgP9

★★☆☆☆(2/5点)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
#大雑把にレビューする をやってます。 ブログ → https://blog.koneko-wakusei.com/ おしごと → https://koneko-wakusei.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。