見出し画像

11月17日はホームタウン取手でのイベント

【お知らせ。取手について書いていたらやたら長くなってしまった。。。】

今週、日曜日11月17日は僕の暮らす茨城県取手市の「ju-tou」(ジュトウ)さんでイベントです。

僕は取手で育ち、一旦取手を離れて暮らしていたけれどまた6年前かな?取手に戻って暮らすようになりました。

そして取手が大好きです。特に僕が暮らす小文間という地区は自然がたっぷりで僕の家の前は森。そして少し歩けば利根川の河川敷があります。そこはとても空が広い。

僕は自然が好きで絵のモチーフは自然が多く、特に広い空のえが多いのはそんなことにも影響を受けているんだと思います。

そんな取手に6年前から戻ってきて少しずつ取手の活動も増やしていけたら良いなぁと思っていたので今回のイベントはとても嬉しいです。(今まで取手駅前のイベントやハコカフェさんでのイベントもとても嬉しかった)

ju-touさんを知ったのは4年ぐらい前かな?ハコカフェの店主ペヤングさんが連れて行ってくれたんだ。その日はエマーソン北村さんが出演されていて挨拶をしに行った。

そしてその素敵な空間にびっくりした。元病院だという空間が改築された空間は天井が高くて余計なものがなくて静かで静謐というような言葉がぴったりの空間だった。誰かのアトリエのような空間でもあった。

だからその瞬間から「いつかここでライブができたら良いな」と思った。

そして日曜日ようやくその日がやってくる!!

ゲストでお招きしたのはまずは札幌からchimaちゃん。chimaちゃんとは6月に東京で一緒にコラボしたのだけどそれは素晴らしい時間だった。

chimaちゃんというのはとても自由な心の持ち主。それはそのまま僕たちのずっと子どものの頃の心と、もしかしたらこの世のものではない存在とも通じるような感覚でもあったりするので、その歌はまるで古くから伝わる童話のような、あるいは悲しい神話のようなそんなものにも似通ったりしている。

それでいてchimaちゃんは遊び心たっぷりなので僕はたくさん振り回されました(笑)

もう一人お招きしたのは台湾からSenhuai (詹森淮)さん。彼女とは7月に台北でコラボをしたんだ。物静かな佇まいでゆっくりと歌う彼女。その歌は本当に心から自然を愛しているのだということが伝わってくる。彼女に歌に身を任せて絵を描いていると自分が微小の細胞の世界の中をのぞいているのような、あるいは宇宙の遠くを見渡しているような本当に不思議な気持ちになった。揺りかごに揺られているような気持ちであった。

この二人が取手に、ju-touに来てくれるのが本当に嬉しい。

取手は茨城の皆さんにぜひ来てもらいたいし、もちろん都内や近県からも来てくれると嬉しいな。取手は常磐線上野駅から40分。江戸川と利根川と越えると一気に自然が豊かになりなんだからピクニック気分になります。ご希望の方には近藤特製の取手マップもお送りしますね(笑)

長々とすみません。。。

イベント名:「Senhuai Jan Live In Japan」
日時:11月17日(日)
場所:取手「Atelier ju-tou」
【web】https://jutou.exblog.jp
【住所】茨城県取手市井野1-7-10 1F
出演:Senhuai Jan(from台湾)/Chima/近藤康平(ライブドローイング)
時間:開場12:00/開演12:30
料金:前売り3000円/当日3500円(各ドリンク代別途)

画像1

画像2


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート本当にありがとうございます。サポートしていただいた分は絵の製作の助けとさせてもらい、よりよい製作に励みますね。

3
近藤康平/絵描き・ライブペインティングパフォーマー【web】kondokohei.net
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。