販売で学んだこと ~小さなことでも おろそかにしない ~
見出し画像

販売で学んだこと ~小さなことでも おろそかにしない ~

濃キャラメル/一言家

カーテン販売を経験しましたが、カーテンだけというわけではなく、家の内装( カーテンレール、ブラインド等 ) なども承っていました。その場合、新築の図面を持参していただき それに沿ってご希望を聞き、見積りをつくるということもしていました。

見積りを作成するのに、当時は 平均2~3時間はかかりました。今でこそタブレットですが、当時は手書きでした。

基本、ご予約を受けているお客様を優先に対応していました。午前中に承っているお客様であれば、午前中のスケジュールはいれられないのです。

以前 こういうことがありました。

午前中 予約されていたお客様から「 1時間ほど遅れます」と連絡があり、お店もなぜか忙しく、当時の上司から「 待っている間 カーテンだけのお客様だったら対応できるでしょう。」と言われ、呼ばれた先に向かいました。

 若い男性の方 1人だけでした。

カーテンはどんなものがおすすめですかとたずねられたので、用途を伺い それに順じたものを説明しました。

よくよく聞いていくうちに、子供部屋は?和室は?風呂場は?となっていったので、あれカーテンだけではないな🙄と 疑問に思いはじめました。

そのうちその方が 胸のあたりから小さく折りたたんだ家の図面をだし、「 あの…… 見積りしてほしいんですけど」とうれしそうな顔をしながら こちらに笑いかけてきたのです。

えーーーーーー😱  です。


本来はこの流れはものすごくうれしいはずなのですが、しょうがありません。別のスタッフに代わってもらうように頼みにいきました。

お客様にそのことをお伝えすると 「明日はいらっしゃいますか」と言われ、ご予約も入っていなかったので その場で名刺を渡し、翌日ご家族さまと来店していただき 無事成約したということもありました。

お客様は わたしのことを観察したはずです。新築ということもあり、かける金額も少なくはないからです。


この人に頼んでもよいのか。


それに値しなければ、さっと別のスタッフに乗り換えていたはずです。

この件で、入り口が小さくてもおろそかにしてはいけないのだな、と 実感しました。


このようにすべてがうまくいけば万々歳なのですが、そうは甘くはありません。                   接客販売は、そういう世界です。                      でも、その せめぎあいと 学びには 何にも代えられないのです。

ここまで 読んでいただきまして ありがとうございました。                   





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます😊今日も元気でよかった✨
濃キャラメル/一言家
思いついたことを浮かべています😌1人でも多くの方に届きますように✨ 好きなもの: ドラマ 『孤独のグルメ』『 きのう何食べた?』