見出し画像

お絵かき企画のうらがわ

先日、絵のご依頼を募集しました。

ご応募いただいた方のなかから、3名に絵のご希望をお伺いして、お贈りさせていただきました。

それぞれツイートはしたのですが、せっかくなので、絵を描くときにこめた思いなどもふまえて、まとめてご紹介させてください。


旅と机ともくもくと

ひとりめは みか さん。

画像1

「机に向かってもくもくタイムを楽しんでいる」
というお題をいただきました。

みかさんのInstagramの旅写真がとっても素敵だったので、
「楽しみな旅の計画を立てている」
という設定で描きました。

白黒にしたのには理由があって、
「いろんなところに旅をして、それぞれの風景や気持ちを
みかさん自身で彩っていけますように」
という願いをこめました。

みかさん自身がしっかり彩りのある旅をしている気がしたので、
「この色」というのがなく、何色にでも彩れるというか。

くるんとした背景の一本線は、
ぴんと張り詰めたものではなく、
ゆるやかな時間を送ってほしい。
そしてそのなかで、くるんとした楽しさもあってほしい。
という思いをこめて。


山登りって、楽しい!

ふたりめは ヤマちゃん さん。

画像2

ご自身が絵になったらどうなるだろう、
という興味からご応募くださいました。

山登りについては詳しくないので、
あえて調べず、「似顔絵と山」だけをたよりに描きました。
(私の場合、あれこれ調べると頭でっかちの絵になって、ちぐはぐしてしまうことがよくあります)

洋服を空の色にして、
青空のなか、これからも楽しく山登りができますように
という気持ちをこめました。

山登りはたいへんな部分も多いのではないかと思うので、
絵では思いっきりカジュアルに楽しむ雰囲気を出して。

ほっぺの赤い部分も山のかたちになっているのがひそかなこだわりです。


子どもと触れ合うひととき

さんにんめは さんちゃくみ さん。

画像3

「子どもたちとふれあっている感じのヘッダー画像」
というお題をちょうだいしました。

子どもたちとかかわるお仕事をされているくみさん。
子を持つ親として、そういったお仕事をしている方々を心から尊敬しています。
(どんなにかわいくったって、たいへんだよね、子ども……)

子どもたちには、青空のした、元気で楽しくいてほしい。
ありきたりですが、大人として親として、
そう願わざるをえません。
そして親としての思いがどうしても絵にあらわれてしまう。

ご依頼いただいた内容ではあるけれど、
私の理想のひとときを絵にしたものでもあります。

猫を飼われているので、愛猫さんを少しだけモチーフにした猫ちゃんもそっと描きました。


私の絵の描きかた

私が絵を描くとき、
言語化できている・できていない
どちらの場合もふくめて
パーツや線が「そうである理由」があるように心がけています。

最初からこうしよう!というときもあるし、
描きながらああ、こういう意図があるよね、
と私自身が気づかされる場合もあるのですが……
そんな絵の描きかたが好きです。

あとは、時間をかけてじっくりじっくり描くより、
相手のことを思い浮かべながら、
紙にささっとボールペンで描くような、
落書きのような感覚で描くほうが
力が抜けてうまくいくことが多いような気がします。

あくまで私の場合はだけれど、
気がゆるんでいるときのほうが
ゆるっとした絵が描けるということなのかな。


ひとつひとつのパーツなどの理由を話すのは野暮かなあ、
とも思ったのだけど、
かんたんそうに見える絵のなかにも、
じつは理由があるんだよ、こんな気持ちがあったんだよ、
というのを知っていただけたら、また見え方がちがうかもしれないな、と思って記事にしてみました。

楽しかったので今月も募集したいと思います。
(余力があれば…!)


お読みくださってありがとうございます。
そして、ご応募いただいたみなさま、
絵を描かせてくださった3名さま、
ありがとうございました!

それでは。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

すべてのアクションが私の励みになっています。ありがとうございます。

そのワンタッチが、私にとってはとてもありがたいのです…
8
埼玉県在住の編集・絵描き|児童書編集者として知育・学習本を制作→二度の出産をへてフリーに|暮らし、自己理解、伝統、こども|きのこ頭のメガネです