見出し画像

ブルーベリー狩り観光農園を準備する間に損しない方法2つ+α

こんにちは、かみちゃんです。

最近はブルーベリー養液栽培に興味を持つ方が多く、僕のもとにもブルーベリー狩り観光農園事業をしてみたいという方からのお問い合わせがあります。ブルーベリー仲間が増えるかもしれないお問い合わせは素直に嬉しいなって感じます。

お問い合わせをくださる方には、ブルーベリー狩り観光農園をはじめたいなと考えている方から、もうすでに取り組もうと動き出している方まで様々です。

・ブルーベリー狩り観光農園をはじめたいなと思っている人
・ブルーベリー狩り観光農園をはじめると決めた人

今回の記事はこういう方に向けて書きました。

他の果物の農園の方にも参考になる部分はあると思います。


では、本文にいってみましょう。

お問い合わせされる相談で僕自身も頭を悩ませたものがあります。

・「お金(資金)がない」

開園資金問題です。

今ではブルーベリー狩り観光農園を開園するまでいきましたが、僕もぶち当たった壁です。頭が禿げるんじゃないかっていうぐらい資金繰りに悩みましたし、なにかいいアイデアはないかって模索しまくりました。

と、その前にブルーベリー狩り観光農園事業をするのに、ブルーベリー狩り観光農園事業だけで生計を立てるならどのぐらいの資金が必要か知っていますか?

約2000〜2500万円です。

育てていくブルーベリー苗の本数、観光農園の設備によっても資金は変動しますが、一般的には約2000万円は必要と考えておいていいと思います。

うちの農園はブルーベリー狩り観光農園としては小さいのですが、それでも1000万円はかかってます。

詳しい話はこちら

開園資金を準備する手段には、貯金、家族や友だちから借りる、銀行から借りる、などがあります。

現実的なのは銀行、特に農業の場合は政策金融公庫からの借り入れが一般的でしょう。しかし、昔の僕は非農家でした。事業計画書を作って持っていきましたが、僕の場合はダメでした。農家としての実績もなかったので、今思えば当然の結果です。

そうなると農家としての実績を作るか、認定農家などになり、それから融資を借りて、そしてブルーベリー狩り観光農園を開園するという手順を踏むことになります。

お金がなければ、時間をかけるしかありません。

ですが、同じ時間をかけるにしても、時間のかけ方は工夫できます。
時間のかけ方を工夫することでお金以上のモノを得ることもできます。
同じ時間をかけるなら時間を無駄にしないほうが良いに決まってます。

今回はブルーベリー狩り観光農園を開園するにあたって僕がしてきた有効な時間の使い方について記事にまとめてみました。

僕が提案するやり方は20万円ほどの自己資金はあった方が良いと思ってます。もちろんそれ以下でも工夫次第では開園までの時間を有効に使うことができます。

ブルーベリー狩り観光農園事業に必要な資金の内訳と設備について

画像1

ここから先は

6,255字 / 5画像

¥ 1,980

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?