見出し画像

きよログ UberEats

**きよログ UberEats **

"渋谷区/港区編"

みなさんはUberEatsを利用したことがあるでしょうか?

利用したことがあるとしたらどれくらいの回数、どれくらいの頻度で利用しているでしょうか?

ぼくは週に3.4回の頻度で利用するヘビーユーザーです

自分が住んでいたり、働いている地域においてはどのようなレストランが出店していてどんなメニューを提供しているのか

そして、どこのお店が美味しいのかなどほぼ完璧に把握しています


利用したことがあるけれど、頻度は少ない

という方のほとんどが、失敗したからだと思います。

期待していたほど美味しくなかった、量が少なくて満足できなかった、写真と全然違うじゃないか、割高だ

まあ、たしかにそれは起こりうることです

ぼくは顧客(それもヘビーユーザー)でありながら、飲食店の経営にも携わっていますし、商品を提供するレストラン側にもいますのでその辺はよく分かります

UberEatsの手数料は30%前後です

これを高いと思うか安いと思うか、参入障壁が高いと思うか低いと思うかはそのお店の経営スタイルにも依るのです

この手数料30%にはレストラン側からすると各種の手間賃が含まれています

レストランはいつも通り美味しい料理を作ってパッキングして時間になったら取りに来る配送員に手渡しをする

オペレーション上はたったそれだけです

つまり、お皿に盛る料理を紙やプラスチックパックに詰めるだけ

ということになります

サービス人員も必要ないですし、会計をする必要もありません(月締め請求)

万が一トラブルが起きた時はUberEats側が対応しますし、お客さんが自分でスマホを使ってオーダーを入れるので基本的にオーダーミスはありません

ぼくからしたら妥当な手数料だと思います

レストラン、特にUberEatsに出店しているような東京のレストランにおける料理の原価率というのは25%から33%ほどですから、それを加えるとトータルコストとしては60%、そこに包装コストを入れても利益率は25%ほど取れます

家賃や人件費などの固定費が高いレストラン事業での純利益率なんてのは10%前後ですからUberEatsでうまくいけば実店舗なんて持たずに成功店舗を作れるわけです

まあ話は飛びましたが

そんなUberEatsでの各レストランの出店戦略ですが、まあ上手なところと下手くそなところと、本当に二極化してます

成功しているところと失敗しているところと二極化してるとも言えます

特に有名店、高級レストランは酷い

何が酷いかって

お客さんの立場からしたらボッタクリじゃないのなんて思うようなコストパフォーマンスの低い商品が提供されているわけです

これには理由があります

そう

皆さんお分かりの通り
高級レストランにおける価値提供の多くの部分が、サービスやお店の内装、音楽、食器などの雰囲気に依るからです

だから高級人気レストランのUberEatsを注文すると3切れのお肉にガルニチュール(お野菜の付け合わせ)で3000円近く請求されたりする

蓋を開けてみたら

(そう文字通り蓋を開けるのですが)

ふざけるな、なんだこれ

となるわけですね

そりゃそうですよね、ニーズが違いますから

家で食べる、それもデリバリーを必要とするシュチュエーションにおいて注文した商品と、高級レストランで綺麗な皿に盛られる料理の焦点が合うわけがないのです

まあ、、てなわけで

話が長くなりすぎますので、今回の本題

ぼくが選ぶオーダーして後悔しないUberEats をご紹介します

ポイントは以下の3つ

①配送というのを加味して(火の入り方や形状変化への予測)作られている料理であること

②ボリュームや満足感など価格と価値があっている こと

③リピートしてしまう魅力的な目玉商品があること

この3点を元におススメレストランをあげていきたいと思います


では



「エス 麻布十番店」 イタリアン

画像1

こちら、もちもちの太麺パスタが美味しい麻布十番のイタリアンレストランです

実店舗自体、とにかく安くて美味しいので、店の商品をそのままの分量で提供しているにもかかわらず非常に満足度が高いです。

ぼくもイタリアンのお店選びではかなり失敗しました

ガチガチにくっついたパスタ、脂が固まったお肉料理、塩が足りずに味気ないリゾット

でも、ここのお店は何をオーダーしてもほとんど後悔することがないですね

特におすすめはこの「牛肉とホルモンのボロネーズ」 。罪悪感の味がします。笑



「日本橋 金子半之助 」天丼

画像2


ご存知、蓋が閉まらないほどの特盛天丼で連日長蛇の列を作る人気天丼屋さん、金子半之助。

アークヒルズ店のデリバリーがおすすめです。


なんとこのボリュームで1480円。

ふつうにランチ行くよりUberEatsで十分なんじゃないかと思わせるほどのクオリティです。

まあこちらのお店は忙しいのに慣れてるからランチタイムなんかは大量に揚げ手を投入してますし、届くのも早い。

弁当も販売していますからね、少し時間が経って冷めても油くさくならないので本当におすすめです。



「威南記海南鶏飯 日本本店」チキンライス

画像3


シンガポールから来日した人気店、ウィーナムキーの本店です。

あの超人気のクリスピーチキンですね!

そのクリスピーチキンとチキンスープ、出汁で炊いたライスまで作るランチは本当にお得です

鶏肉の火入れはとても難しくて、特に胸肉は火が入りすぎるとパサつくんですね、パサパサとして硬くて美味しくない

それもさすがウィーナムキーは胸肉も柔らかい、モモ肉は言わずもがなジューシーで、、この技術はどうしてるのだろうかと不思議になる程ですね

ホームパーティーでもとても受けると思いますよ

もうハーフのクリスピーチキンとスチームチキンがテーブルに並んだらそれだけで盛り上がると思います

実店舗は土日は未だに行列なのでUberEatsでオーダーするのが良いと思います



「とんかつ大五」とんかつ

画像4


白金高輪の人気とんかつ店の大五

こちらは少し値が張りますがとんかつ部門ではぶっちぎりのUberEatsランキング1位ですね

こちらで取り扱っているプラチナポークは脂が甘く臭みもないので(ヒレも美味しいですが)男らしくロースとんかつをいっちゃってください

グラム数を選択できるのですが、凄まじいボリュームでキャベツもギチギチの山盛りなので、大食いに自信がない方はふつうサイズで十分です

本当に冷めても美味しい

ぜひ、今夜のディナーに

「慶珍楼」中華料理

画像5


ごめんなさい、お店知らなかったんですけど。

UberEatsで知りました。

ここはね、めっちゃ安い。笑

UberEatsちょっと高いなぁ、手が出しづらいなあって初心者やたくさんボリューム欲しいもりもり食べたい若者にはおすすめ。

大阪王将とか大戸屋みたいなチェーン店を除くと圧倒的にリーズナブル。

で、そこそこ食える。笑

チャーハンなかなかですよ。


「バーガーマニア」ハンバーガー

画像6


デリバリーに適してそうなハンバーガー。

その実、失敗率が高いのがこのハンバーガーなんですよね、実は。

野菜が温かくなってしなっていたり、トマトの水分が出てべちゃべちゃ、パンに水分がしみてぐにゃぐにゃ...

バーガーマニアは失敗率がとても低い。玉ねぎもシャキッとしてるし、パンもふわっとした状態で届くことが多いですね。

ブルーチーズをふんだんに使ったウルティメットチーズバーガーがおすすめですよ


「TURANDOT 臥龍居」中華料理

画像7

これね、自分の店を最後に宣伝させてください。笑

本当にね、めっちゃオーダーきます。営業中にUberEats のオーダーでキッチンがやられるくらい。笑

芸能人、スポーツ選手からも家で食べてますよーって写真が送られてくるんですよ。

みんなオーダーする特に人気の商品が具沢山の海鮮あんかけ焼そば


そして伝家の宝刀 麻婆豆腐。

麻婆豆腐は牛フィレ肉を叩いて挽肉にして、とっても滑らかなツルツルの岐阜の絹ごし豆腐である轆轤豆腐を使ってます。
やみつき。

ビールとご一緒にどうぞ



ってな感じでがっつり好きなお店を紹介しました。

足で稼いだ、いや、舌で稼いだ生の情報を完全無料記事なのでぜひ拡散してください

そしてこんなことに限らず、生のリアルな食や遊びの情報が飛び交っているぼくの運営するアソビカタSalon


まだ若干枠が空いてますので東京以外の方も有益です!

ぜひどなたでも気軽にご参加ください!

それと、これからUberEatsアプリダウンロードして試してみよう!というあなた

下記のプロモーションコードを入れると500円引きになりますからどしどしご利用ください

**eats-xmrur **



ではまた、note書きますねー

ボナペティ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

94
アソビカタSalon プロデューサー / キヨ地下 キュレーター / Twitter @KiyotoDrives

この記事が入っているマガジン

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 15671本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。