マガジンのカバー画像

ライトハンドマーカー

11
10代の頃に描いた物語。
¥500
運営しているクリエイター

記事一覧

#01  ライトハンドマーカー 不変的才能

「僕の右手は世界を相手にしている。」 右手でペイントマーカーを強く握り壁に描く。 それは…

100
4年前

#02  ライトハンドマーカー 直感感性のジャーナリズム

2000年 春 私はフリージャーナリストの斎藤と言います。 どこにでもいる平凡なジャーナ…

100
4年前

#03  ライトハンドマーカー ピースメイカー

2002年 春 ひさしぶりに母親の顔を見るため3年ぶりに日本に帰って来た。 オレは米軍基…

100
4年前

#04  ライトハンドマーカー チケット

2002年 秋 暑かった今年の夏も終わり一息入れるアイスコーヒー。 半分飲んだらミルクと…

100
4年前

#05  ライトハンドマーカー 今のワタシ

1997年 8月 都内某所 ワタシは遺体の見つからないままのお姉ちゃんの御葬式で涙一つ見…

100
4年前

#06  ライトハンドマーカー 母の子 父の子

2002年12月 朝、目が覚めるとまずは音楽を流し、テレビを消音状態でつけ、湯を沸かす。…

100
4年前

#07  S先生の苦悩 瞳の奥の住人たち

描いたり消したりの繰り返しの毎日。 『あはは。』 何気なく入った大学の学科は心理学科、数学とか苦手だし、心理がわかれば男ともうまく付き合えるし、人間関係円満じゃん。 大学入って1~2年間は勉強もせずにもっぱら酒と男と後は水商売に夢中だった。 どれだけ男を引き付けるかが女の価値でしょ?

スキ
2
有料
100

#08  S先生の苦悩 誰かのために

(2年前) 俺の名前はタカシ。 父親は学会でも有名な心理学者で精神病院の院長でもある。 近…

100
4年前

#09  S先生の苦悩 次の人生

(人格アキが眠りについてから3年後…) 私はアキの夢でもあった精神科医になる為に大学院を出…

100
4年前

#10  S先生の苦悩 ガラス柄の破片たち

5月の連休明けから、私は特別隔離病棟に配属となった。 正直、不安と緊張でゆっくり休んでい…

100
4年前

#11  S先生の苦悩 朝は必ずやってくる

合法や非合法という壁がある。 死を恐れない心が逆向きにここにある。 私の中に2人の意志が…

100
4年前