見出し画像

韓国「日本とのGSOMIAやめるっていったけど、やめるのやめた」日本「は?」

 馬鹿じゃないかというようなニュースがやってきました。

 韓国というのは不思議な国で、日本以上に船体が左右にゆーらゆーら揺れていても、最後のところでグッと戻ってくるという独特のバランス感覚を持っていまして、今回もそういうことなんだろうなと思うわけです。

 逆に言えば、韓国の言うことややることに一喜一憂して、右往左往するのはやめたほうがいいということでもあるんですよね。

 私は韓国政治の専門家ではありませんので、あくまで自分の身の回りで起きていることや頼まれて対処したことを自分なりに考えながら前に進んでいくのみなのですが、韓国について友人はいても、韓国政治や韓国企業がまったく信用できないなと思う点はこの「独特なバランス感覚」にあります。

 瀬戸際まで行って、パッと身を返す、ギリギリまで押し込んできて、サッと戻る、まあ、ある意味で交渉している人間からすればこれほど底値の見えない連中もいない。最大限要求して、要求して、要求して、こちらが謝絶して、もうどうにもならないぞとなってから、やっぱり手を結びましょう、みたいなことが平気で起きる。交渉で得られるメリットは別として、交渉そのものが非常にストレスフルで、信頼関係などきっと構築できないのだろうと思わせるものがあるのです。

 日本だから良い、というわけではありませんが、日本だと、ある特定の目的を追求するのに「私たちに何かできることはありませんか」という話を持ち掛けます。逆に、韓国側からは「私たちのためにお前らはこれをしてほしい」という要求が先に出てきます。いや、そうじゃねえだろ。

 まだ日本から「韓国さん、これをお願いしますよ」という立場であるならば韓国の話も多少は聞いてやろうかという気持ちになるのですが、今回も「まあ韓国はどうでもいいや」となると、向こうも前のめりになったり、怒ったりするんですよね。でも、それまでは「韓国さんが怒るから」という配慮をしてきたつもりでも、先方はそれが配慮ではなく当然だと思っていて、日本は弱みがあるから譲歩を強いられたのだ、韓国の勝利だと素で思っている節があるので、今回のように本気で「こいつらもうどうでもええわ」となると、崖の直前まで行ってしまうのです。

 しかも、別にこっちは韓国に「崖のところまで行け」とは言ってないんです。むしろ「好きにすれば」ということで、何も求めていない。なのに、韓国側は「もう一歩で破綻するぞ。するぞ」とこちらを見ながらギリギリのところまで行ってしまう。

 いや、でも興味がないんです。韓国に。

 安倍晋三総理が、対韓国外交で「戦略的放置」というテーマを持ちだしていましたが、究極には「オウム返し戦略」と「熟視静観」とが日本外交の基本戦術(戦略ではなく)なので、韓国を無視できるところまできたというのは安倍さん外交の功績とも言えるのかもしれません。

 横で見ているだけですが、私も今回はこれでいいと思います。引き続き、韓国が文政権である以上、韓国を考慮の要素に入れないという前職外相の河野太郎さんのアプローチで構わない、と。冷たいようですが、日本にとって、いや、東アジアの安全保障全体で言うならば、みんなで「危ない危ない」言いながら、韓半島の動静は興味持って見ながら、でも半島統一も北朝鮮崩壊もさせずに、現状維持で、韓国人・北朝鮮人にはいつまでも南北の、米中の最前線でグズグズとやり続けて欲しいのです。

 これが、うっかり北朝鮮が崩壊して中国の管理下になりました、とか、韓国が民主主義を返上して中国経済圏に取り込まれて駐韓米軍が撤退しましたとか、劇的な話になると、とたんに変数が増えて迷惑なので、アメリカにとっても、中国にとっても、日本にとっても、いつまでも大したことの起きない火薬庫として朝鮮半島はいつまでも頑張っていて欲しいと思いますし、韓国政府はまあ仕方ないのでサムスングループだけはアメリカとの絆を深くしていただき、Yahoo! JAPANとLINEの経営統合に関しては日本政府の管轄として韓国政府には口を出さないで欲しいと強く願う次第であります。

 繰り返しになりますが、次に来るのは韓国経済の安定です。私個人としては韓国通貨ウォンに信用を与えてウォン高にして一刻も早く日本の構造的な不況を韓国に輸出して押し付けたいのですけれども、もうこの情勢である以上は、米韓FTAも含めて日本はあんま韓国に微笑んでやる必要もなくなりました。韓国からの対日観光客の減少や、日韓間の貿易不振は困ると言えば困りますが、それ以上に困る案件がたくさんあるので、どうしても優先順位は低くなります。いましばらくは、米韓で今後のことはちゃんと考えて決めて欲しいというぐらいのことを言い続けるしかないのかなと思う次第でございます。

 結論から見ますと韓国に対しては「こっち見んな」ということで、是非ご理解いただければと存じます。

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

神から「お前もそろそろnoteぐらい駄文練習用に使え使え使え使え使え」と言われた気がしたので、のろのろと再始動する感じのアカウント

「スキ」はありがたいけど貴殿はどれだけ私のこと知ってるんだよ
126
作家/投資家。当アカウントは概ね個人の意見です。情報法制研究所上席研究員、お座敷置物芸全般。ゲームと読書と野球と調べものと。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。