新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

YAGURA 2021 in 一色の森キャンプ場

8/29開催の『GOODBYE SUMMER FESTIVAL 2021』は『YAGURA 2021 in 一色の森キャンプ場』に名前を変えました。


KINEMAS presents
『YAGURA 2021 in 一色の森キャンプ場』

2021.8.29 sun
START 14:00 - END 22:00
岐阜県・一色の森キャンプ場


●ライブ観覧無料
(別途キャンプ場への入場料が必要です)

日帰り:500円
オートバイキャンプ:1000円(要予約)
オートテントサイト:3000円~(要予約)
バンガロー・キャビン:8000円~(要予約)

・・・など。
その他ご利用プランの詳細や
キャンプ場のご予約は直接「一色の森キャンプ場」までご確認ください。
http://isshiki-mori.com/


●出演
KINEMAS
だぶまとあやこ(いとまとあやこBAND SET)

かぼそブルーズ
ウクレレヤルノカナズ(from ie gorico)
西沢公也(from マルシン)
and more


画像1


出演者もほぼ決まり、タイムテーブルなども固まってきました。(最終発表は6月くらいかなと。)

まだお話ししないといけないことは残っているんですが、できればお会いした時にお話ししたいな、って思っていることが多くてまだできてません。こういうご時世ですので、普段だとここで会える、みたいなタイミングがなかったりして、そういうのは難しいですね。微妙なニュアンスとか、齟齬が無い様にどうしても直接お会いしたタイミングでお話ししたいことって沢山あります。こういうイベントは特に。やっかいな世の中になったものです。

が、こういう世の中にならないと生まれなかった団結もあって、それはやっぱりプラスに感じないと。という気持ちもあります。


画像2


チームも、どこまで去年を引き継げるのか、そしてどこまで去年から飛躍できるのか。少しずつトライとエラーを繰り返しながら、ちょっとずつですがビジョンも見えはじめてきました。

ダイアモンドホールから一か月。情報発信から身を引いて、もう一度あれこれ動き出すための力をためたり、曲を作ったりしていました。BORDER第二弾も少しずつ進み始めています。これもYAGURAと共に並走していく形になるんだと思います。


画像3


昼と夜とでは見せる雰囲気が違います。昼は昼の祭り、夜は夜の祭りとして。幻想的な空間になったらいいなと思っています。なので今年は装飾とかにも少しこだわりたいです。今色々資料を見ながら、どこを目指していくのかを決めているところです。


画像4


YAGURA、は元々去年僕らが企画したイベントで、当初は名古屋の鶴舞公園を借りて行うつもりだったんですが、コロナ禍で歌唱を伴うイベントがNGに。急遽、出来たばかりのHOPE MUSICのスタジオで開催しました。その時に色々グッズも作っていて、その中にはイベント当日に特典があるようなグッズもあったんですが・・・。結局イベントが中止になって色んなものが持ち越しになりました。

それらを再開できるまでこのタイトルはとっておこうと思ったんだけど、「GOODBYE SUMMER FESTIVAL」が、やっぱ長げぇ。となりまして。で、今秋とかにやりたいことも少しずつ見えてきて、じゃあYAGURAという名前を引き継いで、これを大きくしていくようにしようと方向転換しました。

フジロックやグリゴー、篠島、ハチ北、台湾のWAKEUPFESやタイガーマウンテン・・・といった、僕らが関わってきた全ての野外フェスへのリスペクトを込めて。見てきたもの感じてきたものすべてをすぐに反映させるのは難しくても、空気は少しずつ伝えていくことができると思います。そういうものをみんなで作っていけたらいいなと思ってます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2015年、ボーカル&ギター宮下浩を中心に結成。主に東京・名古屋・京都に在住のミュージシャン達によるポップス集団。日本台湾韓国でライブ活動中。台湾WAKE UP FESTIVAL (4年連続出演)、FUJI ROCK FESTIVALラジオブース出演、等。